成果報告書詳細
管理番号20140000000486
タイトル平成23年度-平成25年度成果報告書 「ヒト幹細胞産業応用促進基盤技術開発 ヒト幹細胞実用化に向けた評価基盤技術の開発 Muse細胞の評価基盤技術開発」(国立大学法人東北大学、国立大学法人名古屋大学、株式会社Clio)
公開日2015/12/19
報告書年度2011 - 2013
委託先名国立大学法人東北大学 国立大学法人名古屋大学 株式会社Clio
プロジェクト番号P10027
部署名バイオテクノロジー・医療技術部
和文要約本研究開発では、成人ヒト間葉系組織から見出された、造腫瘍性を持たない多能性幹細胞であるMuse細胞を対象として、品質評価指標の技術開発を実施し、品質の確保されたMuse細胞の安定的な大量供給の基盤の確立を目指してきた。まず、本研究開発開始時には、Muse細胞の発表後1年程度であったことから、間葉系幹細胞を利用する第三者による客観的評価を行うことが採択の条件として審査委員から提示された。これを受け、Muse細胞を分離する際のポイントをまとめて公表した。また、国内外の複数の独立した研究機関においてMuse細胞の再現性が確認され、そのうちのいくつかは、論文として発表された。これにより、Muse細胞の客観的評価が達成された。次に、Muse細胞の安定的な大量供給を行うため、Muse細胞のcharacterizationを行った。
1)最適な細胞ソースの探索
皮膚由来、骨髄由来及び脂肪組織由来のそれぞれのMuse細胞について比較をしたところ、脂肪組織由来Muse細胞では、中胚葉系の遺伝子を高く発現する傾向にあるが、外胚葉系及び内胚葉系については、骨髄由来のMuse細胞が高く発現する傾向にあることが示された。
2)Xeno-freeなMuse細胞樹立方法の確立
細胞製剤を視野に入れ、xeno-freeなMuse細胞の樹立方法を確立し、多能性が失われないことを確認した。
3)フローサイトメトリーに代わる分離方法の検討
分離された細胞のダメージを減少するため、フローサイトメトリーを用いないMuse細胞の分離方法を検討し、一定割合まで濃縮することに成功した。
4)多能性活性の高いMuse細胞マーカーの探索
より多能性活性の高いMuse細胞の分離のため、複数のマーカー候補について検討を行った。
英文要約In this research and development, we aimed for development of a technology of quality evaluation metrics and stable supply in large quantities of quality assured Muse cells which are pluripotent stem cells, found in human adult mesenchymal tissues, and which have no tumorigenic potential. Firstly, the review committee made it conditional of this research that the existence of Muse cells be objectively evaluated by third parties who use MSC since it was only one year after the announcement of Muse cells when this research and development was started. In response to this, important points of separating Muse cells were publicly announced. Also, multiple independent research institutes in Japan and abroad confirmed repeatability of Muse cells separation, and some of them were published in the form of reports. Thus, objective assessments of Muse cells were accomplished. Secondly, we have characterized Muse cells aiming for stable mass supply.
1)Search for optimal cell source
We performed comparative study of Muse cells derived from skin, bone marrow and adipose tissue. As a result, Muse cells derived from adipose tissue and bone marrow showed a tendency of high mesodermal gene expression and of high ectodermal/ endodermal gene expression, respectively.
2)Establishment of xeno-free Muse cells
We have developed a method to established xeno-free Muse cells and have confirmed that those Muse cells still possessed pluripotency to be expected as cell therapy preparations.
3)Study of new separation method alternative to Flow Cytometry
In order to reduce a damage on isolated cells, we have studied new separation method without using Flow Cytometry, and did succeed to concentrate Muse cells to certain extent.
4)Search of Muse cell markers indicating high pluripotent activity
We have performed researches of several candidate isolation markers in order to isolate Muse cells with higher pluripotent activity.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る