成果報告書詳細
管理番号20150000000216
タイトル平成26年度成果報告書 「地球温暖化対策技術普及等推進事業 JCMプロジェクト実現可能性調査 メキシコ及び中南米における苛性ソーダ・塩素製造プロセスの省エネプロジェクト実現可能性調査」
公開日2015/12/2
報告書年度2014 - 2014
委託先名旭硝子株式会社 株式会社三井住友銀行 イー・アール・エム日本株式会社
プロジェクト番号P11013
部署名省エネルギー部
和文要約食塩水の電気分解による苛性ソーダや塩素製品製造プロセスには、旧式のエネルギー効率の低い水銀法とアスベスト隔膜法、そしてエネルギー効率が改善され有害物質である水銀やアスベストを使用しないイオン交換膜法がある。メキシコ合衆国の大手化学会社であるCydsa社は、子会社であるIQUISA社の所有する苛性ソーダ工場の製造プロセスを旧来の水銀法からイオン交換膜法へ転換することを計画しており、日本製イオン交換膜の採用も検討している。
本プロジェクトでは、転換が計画されているIQUISA社のガルシア(モントレー)工場とコアツァコアルコス工場において日本製イオン交換膜を導入した場合の調査を実施した。また、旧来の水銀法ならびにアスベスト隔膜法による苛性ソーダや塩素製造プロセスが残っているペルーとブラジルも調査の対象として加え、日本製イオン交換膜技術の適用可能性を調査した。調査項目は以下の通りである。
1.) メキシコ、ブラジル、ペルーにおけるイオン交換膜技術の普及可能性について検討するため、三カ国の気候変動を巡る情勢と政策、エネルギー及び温室効果ガス排出低減に関する動向、水銀法の使用に係る安全及び環境面で関連する政策等を調査した。
2.) プロジェクトの事業性を評価するため、三カ国政府の協力方針、適用可能な優遇政策等を調査し、Cydsa社(メキシコ)、Quimpac社(ペルー)、Produquimica社(ブラジル)の設備投資動向を調査し、Cydsa社に関しては、実施サイトの分析を行ない、プロジェクトの具体的な事業計画を検討した。
3.) 平成23年度「地球温暖化対策技術普及等推進事業(イオン交換膜法食塩電解による苛性ソーダ及び塩素製品製造プロセスの省エネルギー化プロジェクト(メキシコ共和国))」において既に提案しているMRV方法論をブラッシュアップし、特に適格性要件やリファレンス排出量について見直した。また、メキシコのガルシア(モントレー)工場とコアツァコアルコス工場に対してMRV方法論を適用したPDDを作成した。
4.) MRV方法論を用いた温室効果ガス削減見込量、その他プロジェクトを通じて得られる経済効果を評価した。経済効果に関してはプロジェクト実施によるランニングコストの削減、創出される排出権クレジットの売却益等や事業コストを踏まえた経済性分析を実施し、ファイナンススキームにおける経済効果を分析した。
5.) メキシコへのイオン交換膜法の導入に向けて、実際に事業化した場合に想定されるファイナンススキームを調査し、ファイナンス提供に当たっての検討事項を明確にした。
英文要約There are three main processes for electrolysis during the manufacture of caustic soda and chlorine products, the conventional mercury and asbestos diaphragm methods that have low energy-efficiencies, and the ion exchange membrane method that has improved energy-efficiency and does not use hazardous substances such as mercury and asbestos. Cydsa Corporativo, S.A. de C.V., a major chemical company in Mexico, is planning to convert from mercury to ion exchange membrane method at caustic soda manufacturing plants owned by its affiliate company Industria Quimica del Istmo, S.A. de C.V., and is considering the implementation of Japanese ion-exchange membranes.
This study investigated the implementation of Japanese ion exchange membranes at the Garcia (Monterrey) and Coatzacoalcos plants, where technology conversion is being planned. In addition, Brazil and Peru, where conventional mercury and asbestos diaphragm processes still remain in the production process of caustic soda and chlorine-related products, were also included in the investigation to study the possibility of implementing Japanese ion exchange membrane technology. Below are points that were studied in this project.
1.) Situation and legal systems related to climate change, trends related to reductions in energy consumption and greenhouse gas emissions, legal systems related to the environmental and safety aspects of employing mercury method were studied for Mexico, Brazil and Peru to examine the possibility of disseminating ion exchange membrane technology.
2.) Collaborative governmental policies and applicable preferential policies of the three countries, as well as trends in business investment for Cydsa (Mexico), Quimpac (Peru), and Produquimica (Brazil) were analyzed to assess the project’s feasibility. For Cydsa, the project’s implementation site was analyzed and a detailed business plan was examined.
3.) The MRV methodology proposed during the Feasibility Study with the Aim of Developing a Bilateral Offset Credit Mechanism: Energy-saving project for the manufacturing process of caustic soda & chlorine through brine electrolysis in Mexico (FY2011) was revised, in particular the eligibility criteria and reference emissions. Further, a PDD for Mexico’s Garcia (Monterrey) and Coatzacoalcos plants was formulated using the MRV methodology.
4.) Expected greenhouse gas emission reductions calculated using the MRV methodology, and other economic impacts resulting from the project were assessed. Regarding economic impacts, an analysis of economic efficiency was conducted, given factors such as reductions in running cost with project implementation, profit from generated emission credits and business costs, to examine economic impacts of financial schemes.
5.) Regarding the implementation of ion exchange membrane method in Mexico, financial schemes that could possibly be applied after commercialization were investigated, and points to be studied for the provision of finances were clarified.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る