成果報告書詳細
管理番号20150000000750
タイトル平成26年-平成27年度成果報告書 ゼロエミッション石炭火力技術開発プロジェクト クリーン・コール・テクノロジー実用化可能性調査 低品位炭利用促進事業可能性に関する検討 インドネシア・スマトラ地域における未利用低品位炭からのSNG供給・CO2 EOR事業に関する検討
公開日2015/12/22
報告書年度2014 - 2015
委託先名三菱重工業株式会社
プロジェクト番号P10016
部署名環境部
和文要約石炭の埋蔵量の多いインドネシアのスマトラ島において、褐炭等低品位炭を活用した石炭ガス化による合成天然ガス(SNG: Substituted Natural Gas)製造プラントと、そのプラントで生成されるCO2を利用したEORの複合設備建設事業(南スマトラSNG Project)を検討した。本事業は、安価かつ安定供給可能な低品位炭の有効活用を可能とする石炭ガス化設備・技術を産炭国であるインドネシアへ移転し、同国内へ天然ガス代替のSNGを供給することを目的としている。これは天然ガスの慢性的な国内供給不足に直面し、国内低品位炭の有効活用を掲げているインドネシア政府の同エネルギー政策に合致したものとなっている。また、日本への高品位炭/LNGの安定供給の確保にもつながる。
大前提として、SNGプラントから大量に排出されるCO2の対策は地球温暖化対策の観点から大気放出が容認されるとは考えにくく、CO2無償提供であってもEOR等への利用はプロジェクト推進のため必要である。
本事業において、「経済性評価の精度向上及びファイナンススキームによる経済性改善」の検討結果として、CO2有償取引なしでは、NEDOにて設定された事業成立条件(SNG長期引取り価格11USD/MMBtu、IRR9.5%)を満たさないが、ファイナンス条件次第では、CO2販売の収入が無くても、SNG事業は経済的に成立する可能性はあることが示された。 しかし、SNG長期引取価格が11USD/MMBtuレベル以下となる場合でも、CO2販売の収入が保証されれば、有利なファイナンスが得られなくてもSNG事業は経済的に成立することも判明したので、原油価格下落に伴うSNG価格の低下リスクを鑑みると、CO2の有償取引の実現が極めて望ましいと考えられる。
上記大前提を鑑み、CO2の有効利用先として有望なCO2-EORについて、国営石油会社であるプルタミナ社に共同検討提案を持ちかけた。プルタミナ社は以前から原油減産対策の必要性を認識しており、CO2-EORに非常に強い関心を示していたため、当社からの共同検討提案に賛同いただき、南スマトラ地域の油田を対象とした検討を開始した。
共同検討の流れとしては、数ある候補油田の中から、検討対象油田選定及び簡易FS、シミュレーション(手法開発)含めた詳細FS、ラボ試験、Pilot試験、実証試験と進めていく意向であるが、本プロジェクトでは検討対象油田選定及び簡易FSまでを実施し、構築した経済性評価手法(プルタミナ社との共同検討外)を使用して、事業性を検討した。
検討対象油田選定に当たっては、プルタミナ社保有のデータを基にしたスクリーニングで3油田を抽出し、その詳細評価(原油性状、油層圧力/連続性など)/現地調査を実施した。その上で、今後の詳細FS、ラボ試験、Pilot試験でEORの効果が最も期待できる油田を選定した。
また、本事業で想定するビジネスモデルに示された機関/企業の取り込みレベル(やる気)がプロジェクト実現のために極めて重要であるが、以下の通り、各社の事業に対して有益に働くという意味で、本プロジェクトに対する期待は大きく、積極的にサポートいただける姿勢であることが確認できた。
プルタミナ社は、上記の通り、原油減産対策としてCO2-EORの必要性を強く認識しており、自社のガス事業に関係するSNG製造にも興味を示している。国営電力会社であるPLN社は、天然ガス焚き発電の新設計画が10件近くあり、本事業への期待が大きいことが判った。その他、PGN(Perusahaan Gas Negara)社、ペルタガス社等の天然ガス輸送会社は、SNGの長期(20年)供給保証があれば、炭鉱からのパイプラインを自社負担で設置してもよいと発言される等、前向きな姿勢が示された。
なお、SNGプロジェクトは炭鉱隣接地に建設する計画であるが、以前から有力候補として挙げていたリライアンス炭鉱の他に、炭種、立地条件などの観点から本プロジェクトに適すると考えられる炭鉱が3地点ほど確認できた。3炭鉱のそれぞれの所有者は本プロジェクトへの石炭供給に関し、高い興味を示している。
英文要約We studied the business possibility of the Substituted Natural Gas(SNG) Project which will utilize the abundant low rank coal in the Southern Sumatra area and will be combined with CO2-EOR to solve CO2 problem. This project aims to supply SNG in Indonesia and to deploy commercially the technology of a gasifier, a gas cleaning and a SNG synthetic system in Indonesia. This activity matches the Indonesian government policy of the effective utilization of low rank coal and solution on natural gas shotage. It also results in the stable export of high rank coal and LNG to Japan.
As a result of this study, the SNG business is possible to be viable with the long term off-take contract for SNG at 11USD/MMBtu with a good finance condition even without selling CO2 although “IRR9.5% at SNG price 11USD/MMBtu” which was specified by NEDO as the target condition can not be attained. Even if the SNG price is less than 11USD/MMBtu, the SNG business may be bankable by selling CO2 for the EOR without very low interest finance scheme. Therefore it is preferable to supply CO2 in charge for the EOR as considering the SNG price-down connected with the crude oil price decreasing.
On the other hand, as it is indispensable to manage the by-product of CO2 for the environmental concern,we started a joint-study on the CO2-EOR applying to the Southern Sumatra oil fields together with Pertamina who had recognized the nessesity of countermeasures for the decrease in their crude oil production.
We selected three oil fields to be examined and to be evaluated on its economic value with use of the existing oil field data supplied from Pertamina and an evaluation tool that we developed in this study. More detailes feasibility studay with laboratory tests, a pilot test and Demonstration project will be necessary after this study before the commecializtion.
Finally one field were selected considering the results of the above evaluation as well as the site investigation.
For realizing the project, it is important to confirm the stakeholders motivation. As mentioned above, Pertamina had recognized the nessesity of countermeasures for the decrease in their crude oil production. PLN, National utility power company, plans to construct about 10 project of the natural gas fired power plants, which makes them intersed enough in the SNG project. PGN(Perusahaan Gas Negara) and Pertagas, the natural gas transportation companies, said that they would newly construct gas pipelines from the coal mine to off-take the SNG if with a long term guarantee of the gas supply over 20 years.
The SNG plant is planned to be constructed near coal mines. Three coal mines were found considering the suitability on the coal composition, geological conditions and owners’s interest in this project in addition to the Reliance coal mine which has been an original candidate of the construction site.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る