成果報告書詳細
管理番号20150000000775
タイトル平成26年度-平成27年度成果報告書 海洋エネルギー技術研究開発 海洋エネルギー発電技術共通基盤研究 「海洋エネルギー発電技術に係る生物付着影響の調査および対策の検討」
公開日2015/12/8
報告書年度2014 - 2015
委託先名一般財団法人電力中央研究所 公益財団法人海洋生物環境研究所
プロジェクト番号P07015
部署名新エネルギー部
和文要約件名:平成26年度-平成27年度成果報告書 海洋エネルギー技術研究開発 海洋エネルギー発電技術共通基盤研究 「海洋エネルギー発電技術に係る生物付着影響の調査および対策の検討」

国内外での海洋再生可能エネルギー発電技術の生物付着による影響および防汚対策を調査し、以下の結果を得た。
・国外での実証試験においては、ほとんどの場合、生物付着対策として防汚塗料が施されていた。防汚塗装が行われなかった、または不十分だった場合には、生物の付着に起因するトラブルが生じている。
・生物付着は浮体やブレードだけでなく、ケーブルやコネクター部分にも生じるため、実証試験中にコネクター等での不具合が生じたケースがあった。
・国内外で主に用いられている防汚対策は無毒型のシリコーン系防汚塗料の塗布であった。
・防汚塗料については、耐用年数・強度・適用範囲の拡大が課題と考えられた。
・今後、防汚塗料以外で海洋再生可能エネルギー発電技術に適用可能性のある防汚対策として、電気化学的防汚、温度処理や超音波の技術開発が期待される。
・海中に構造物を設置すると、生物付着は必ず発生してしまうため、それらを考慮に入れた設備構造とすることや事前の生物付着対策の実施が重要と考えられる。
・生物の付着については、設置する環境条件によって変動するため、事前にどのような生物が付着するのかを調査する事ことにより適切な対策が実施できると考えられる。
英文要約Title: Research and Development of Ocean Energy, Technology Common Base Study on Ocean Energy Power-Generating Technology, Survey report of impacts and countermeasures of biofouling for generating technologies using marine renewable energy (FY2014-FY2015) Final Report

We summarize the results of our survey on the impacts of biofouling and antifouling technology for domestic and foreign power-generating technologies using marine renewable energy as follows.
・Antifouling paints or fouling release coatings are used for overseas field tests of power-generating devices. When the paints or coatings were not utilized or were utilized but not adequate, some troubles occurred due to biofouling during the test periods.
・Biofouling occurs on not only main equipment such as a floating body and a blade, but also off-site facilities such as cables and connectors. During a field test in Scotland, some troubles occurred on a connector due to settlement organisms growths.
・Fouling release coating is the major technology utilized in the domestic and foreign field tests.
・Expected durable years, strength, and range of application are the issues to be developed for the paints and coatings technology.
・Candidates for applicable antifouling technologies will be electrochemical technique, high temperature treatment, and ultrasonic washing.
・Since biofouling will be naturally observed for underwater devices, the devices should be designed with considering fouling organism problems and should be protected by some antifouling techniques prior to operate in the water.
・Quantity and quality of biofouling may be different under different environmental conditions. Therefore, preliminary surveys for species that would attach to the device at a test field are important to select the appropriate antifouling technique for the install device.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る