成果報告書詳細
管理番号20150000000782
タイトル平成25年度-平成26年度成果報告書 「がん超早期診断・治療機器の総合研究開発 超低侵襲治療機器システムの研究開発:高精度X線治療機器の研究開発 放射線治療の低侵襲性および治療効果を高める放射線増感剤の開発」
公開日2015/12/22
報告書年度2013 - 2014
委託先名東京理科大学 北里大学 東京農工大学 株式会社バイタル
プロジェクト番号P10003
部署名ロボット・機械システム部
和文要約件名:平成25年度-平成26年度成果報告書 がん超早期診断・治療機器の総合研究開発/超低侵襲治療機器システムの研究開発:高精度X線治療機器の研究開発/放射線治療の低侵襲性および治療効果を高める放射線増感剤の開発

 新規放射線増感剤候補であるSQAP(SulfoQuinovosylAcyl-Propanediol)を用い、イヌがん患畜(自然発症例)に対する有効性を評価した。

SQAP全身投与および局所投与における安全性試験
 健常ビーグル犬を用いた安全性試験を行った。臨床観察および血液検査値に明らかな異常は認めなかった。しかし高濃度ボーラス投与では投与部位の血管痛を認めた。そのため30分間の点滴投与を実施したところ、血管痛は認められなかった。5.0 mg/kgでは、ボーラス投与においても血管痛は認めなかった。肝動脈留置カテーテルによる局所投与については、5.0 mg/kgの用量でも明らかな疼痛を認めた。そのため、2.0 mg/kgに減じて、さらに緩徐に投与したところ異常を認めなかった。なお、いずれの試験においても、安全性試験終了後に剖検を行い、肝臓、脾臓、腎臓、膵臓、脳、心臓、肺、腸管、および筋肉について病理組織学検査を行ったが、病理学的な異常所見は認めなかった。

自然発症胆癌動物におけるSQAPとTomotherapyを併用した動物臨床試験
 安全性試験で決定したSQAP投与量(4.0 mg/kg、30分間静脈点滴投与)により動物臨床試験を行った。合計11症例実施、すべての症例で線量は半減してある。線量を半減したものの、11症例中10症例でPerformance status、腫瘍体積、およびCT値のいずれかが改善した。なお、照射による急性障害または晩期障害はすべての症例で認めなかった。

SQAP投与によるイヌに対する毒性は認めなかった。またほとんどの症例で腫瘍の寛解または完治が得られた。さらに照射による急性障害または晩期障害はすべての症例で認めなかった。今回、観察期間は6ヶ月であるが、イヌの寿命から勘案するにイヌの1年はヒトの7年に相当し、6ヶ月生存率は3。5年生存率に相当する。そのため、この結果は臨床的に有意な生存率の延長が認められたことを示唆する。
 以上のことから、SQAPには確かに放射線増感効果が認められ、また投与方法に注意すれば、生体に与える副作用は少ないものと考えられ、新規の放射線増感剤として十分期待できるものである。
英文要約Title:The Research And Development of Ultra-Low-Invasive Treatment Equipment System For Early Diagnostic Method of Cancer : Development of A Radiation Sensitizer , Which Highly Precise X-Ray Apparatus For The Curative Effect of Cancer Therapy. (FY2014-FY2015)Final Report

In this study, the efficacy of SQAP (SulfoQuinovosylAcyl-Propanediol) as a novel sensitizer for radiation was examined using canine spontaneous tumor patients.

Safety trial of intravenous and local administration of SQAP

Clinically healthy beagles were used for this trial. No abnormal finding in clinical status or blood test was found during whole period; however, angialgia occurred by using high-concentration intravenous bolus administration. Thirty minutes drip infusion or bolus infusion of 5.0 mg/kg SQAP did not invoke angialgia. On the other hand, 5.0 mg/kg intra-arterial bolus infusion invoked angialgia. There was no angialgia by slow intra-arterial injection of 2.0 mg/kg SQAP. Histopathological examination after the trial period revealed that there was no pathologically abnormal finding in liver, spleen, kidneys, pancreas, brain, heart, lungs, intestines, and muscles.

The clinical trial on canine spontaneous tumor patients using SQAP and Tomotherapy

Thirty-minute intravenous administration protocol of 4.0 mg/kg SQAP was employed in this clinical trial. The radiation doses were halved in all patients. There was no toxic event in all patients. In almost all patients, partial or complete response was obtained. In addition, no acute or late radiation damage was recognized.

The 6-month monitoring period was employed in this trial; however, one-year lifetime of dogs corresponds to 7-year lifetime of human. This means 6-month survival rate of dogs corresponds to 3.5-year of human. Thus, the results in the present trial suggested that SQAP and halved radiation dose improved survival ratio significantly in the clinical viewpoint.

For these reason, it is concluded that SQAP, which is expected as a novel radiation sensitizer, has a distinct radiation sensitizing effect and has less adverse effect; provided, however, that it will be administered with enough care.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る