成果報告書詳細
管理番号20150000000788
タイトル平成26年度-平成27年度成果報告書 国際エネルギー消費効率化等技術・システム実証事業 石炭高効率利用システム案件等形成調査事業 インドネシアにおける低品位炭利用 環境配慮型高効率超々臨界圧石炭火力発電設備の導入プロジェクト案件形成調査
公開日2015/12/25
報告書年度2015 - 2016
委託先名中部電力株式会社 三菱日立パワーシステムズ株式会社 一般財団法人石炭エネルギーセンター
プロジェクト番号P93050
部署名環境部
和文要約本調査の対象国であるインドネシアは、ASEAN 最大の経済国でありながら数多くの島嶼にわたり多くの人口を抱え、電化率は70%台に留まっている。インドネシア国有電力会社(PLN)は、インドネシア政府による2021年100%電化達成目標の下、毎年電力供給事業計画(RUPTL)を制定し、インドネシア政府が大統領令で規定しているファストトラックプログラム(FTP1、2)、新大統領就任後に設定された総容量35GWの電力開発推進計画も含むインドネシア全体の電力供給計画・電源インフラ開発計画(IPPも含む)を実行している。しかし、政府主導により立ち上げ推進中のFTP1、2では、機器トラブルや建設自体の遅れ等により計画全体の大幅な遅延をみている。さらにFTP2の中心として期待されるIPP案件についても、土地取得プロセスや環境影響評価の遅れにより計画どおりの実施が見込めない状況となっている。以上の状況より、PLNは土地取得問題が存在しないことに主眼を置き、自社石炭火力発電所において、自らの所有地を活用し、日本のCCTを適用した超々臨界圧石炭火力発電技術を採用した発電設備を導入しようと考えている。本事業の調査対象である発電所は、PLNが所有し基幹発電所として位置付けられている大型石炭火力発電所で、まず、新設備を設置する際の敷地取得問題は存在しない。また、電力の大消費地であるジャカルタまでも近いことから効率的な電力供給が可能であるだけでなく、燃料である石炭の供給元となる炭鉱からのアクセスも良好である。これら諸点に鑑み、当該サイトにおいて、燃料として低品位炭を使い、環境配慮も可能な高効率・環境負荷低減型の超々臨界圧石炭火力発電設備の設置を目指した案件形成調査を実施した。また本調査の実施にあたり、PLNをカウンターパートとし、現地調査を含むFSを行った。具体的には、中部電力が事業全体を統括し、発電設備を除く周辺機器、環境評価、発電所建設に関する調査等を担当、発電所建設に関する経済性評価の検討を行うと共に、CO2排出削減量の評価を行った。三菱日立パワーシステムズは発電設備部分を担当、あわせて概念設計も行った。石炭エネルギーセンターは、インドネシア側カウンターパートやインドネシア関係政府機関等との調整、および日本側業務とインドネシア側業務間の調整等を行った。調査の結果、既設発電所の敷地内には、送電端出力1,000MWの発電設備2台を設置できること、低位発熱量4,100kcal/kgの石炭で発電効率41%(送電端、LHVベース)を達成できること、CO2排出量削減に高いポテンシャルを確保できることを確認した。一方、本発電設備を運転するためには、既設変電所および送電線の増強が必要となることを確認した。現在のPLNの流通設備増強計画には、既設変電所の増強は予定されていないことから、これらを合わせて実施することが求められる。
英文要約State-owned electricity company PT. PLN, endowed with responsibility for Indonesian national power supply, has been making strenuous endeavors in close cooperation with the Government of Indonesia toward sustainable supply of electricity, which has been observed in the rolling long-term power development plan RUPTL, FTP1 & 2 as well as the 35GW Power Development Plan by the new government under the new President. However, things did not go so smoothly; FTP1 having been lagging behind by years, while many IPP projects featuring FTP2 are possibly delayed due to unforeseen situation around land acquisition, environmental impact assessment, etc. In view of the foregoing circumstances, PT. PLN requested for this feasibility study for a USC plant with Japanese Clean Coal Technology, which if materialized may not require new land acquisition as the target site is within the existing premises of PT. PLN. The plant is considered to be one of the major power plants on Java-Bali Grid. Besides the aforementioned overwhelming advantage about land issue, the accessibility to the consuming region as well as the coal supplying mines. Chubu acted as the leading party and covers studies on BOP (Balance of Plant) and auxiliaries, environmental assessment, plant construction with a focus on transmission enhancement as well as economic analysis coupled with potential reduction of CO2. MHPS engaged in a study on BTG (Boiler, Turbine and Generator) providing the conceptual design as an outcome, while JCOAL engaged in studies on coal resources with future supply to the new plant in perspective and also on policy and institutional reform by the government around financing of power projects that were deemed as one of the keys toward realization of the new plant proposed through the Study, apart from overall coordination and communication with PT. PLN and the relevant government institutions. The Team proposed that two (2) units of 1,000MW with high-efficiency and environmental compliance can be installed; with designed calorific value of coal at 4,100kcal/kg (LHV); it has been confirmed that efficiency as high as 41% (LHV,Net)can be ensured with such coal property and that substantial CO2 reduction will be expected. As for the transmission enhancement, the Team has come up with some additional measures to the existing enhancement plan by PT. PLN.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る