成果報告書詳細
管理番号20150000000792
タイトル平成26年度成果報告書 未来医療を実現する先端医療機器・システムの研究開発 先端医療機器の開発 高い安全性と更なる低侵襲化及び高難度治療を可能にする軟性内視鏡手術システムの研究開発
公開日2015/12/25
報告書年度2014 - 2014
委託先名学校法人慶応義塾大学 川崎重工業株式会社 株式会社トップ 国立大学法人高知大学 パナソニック株式会社AVCネットワークス社 パナソニックセミコンダクターソリューションズ株式会社
プロジェクト番号P14008
部署名ロボット・機械システム部
和文要約件名:平成26年度成果報告書 未来医療を実現する先端医療機器・システムの研究開発 先端医療機器の開発 高い安全性と更なる低侵襲化及び高難度治療を可能にする軟性内視鏡手術システムの研究開発

本プロジェクトでは我が国が優位な立場にある内視鏡、ロボット、外科手術の高い技術を融合することで、高い国際競争力をもつ新たな軟性内視鏡手術システムの研究開発し、新たな医療産業を創出することを目的とする。軟性内視鏡にはHyperEye Medical Systemを搭載し合併症のリスクを下げ安全性を高める。既存の手術ロボットに比べコンパクトで深部に容易に到達可能な軟性ロボット鉗子と、直感的に操作可能な操作用コンソールセットからなる軟性ロボット手術システムを開発する。汎用性が高く市場性の高い軟性プラットフォームを開発し早期に世界市場に上市する。
英文要約Title:Research and development of advanced medical equipment and systems to achieve a future medical.Development of advanced medical equipment.Research and development of flexible endoscope surgery system that allows for high safety further minimally invasive and high difficulty treatment(FY2014)Final Report

The objective of this project is to develop the new flexible endoscope surgery system that has a high international competitiveness, and to create a new medical industry by fusing the high technology of the endoscope and the robot, the surgery that our country is in a dominant position.
Our new flexible surgery endoscope increases safety of surgery and reduce the risk of complications by mounting the Hyper Eye Medical System.
We develop the compact flexible robot forceps to reach easily deep location compared with conventional surgical robot, and the flexible robotic surgical system consisting of console set that can be intuitive operation.
We develop the high versatility and marketability flexible platform, and will release it to the global market.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る