成果報告書詳細
管理番号20150000000794
タイトル平成26年度-平成27年度成果報告書 Cyber Physical Systemに関する動向調査
公開日2015/12/25
報告書年度2014 - 2015
委託先名アーサー・ディ・リトル・ジャパン株式会社
プロジェクト番号P09018
部署名電子・材料・ナノテクノロジー部
和文要約本調査では、Cyber Physical System(以下、CPS)に関する国内外の市場、技術動向を把握した上で、製造業をケーススタディの対象として検討し、日本が取り組むべき技術課題の具体化を実施した。
調査検討対象であるCPSを「実世界とサイバー空間とを統合し、多様な情報を収集・処理・分析して、“物理制御”することで、社会問題の解決、既存産業の発展及び新規産業の創出へ貢献するシステム」と定義し、検討を進めた。
日欧米の強みとなる技術領域の比較を通じて、日本が取り組むべき技術領域を特定し、技術領域毎に技術テーマについて具体化した。
CPSによる工場間やバリューチェーンの連携(Industrie4.0)や、ものづくり企業のサービス化(Industrial Internet)といった産業構造の変革は、事業拡大や競争力強化の機会をもたらす。しかし、欧米勢は国を上げて、海外まで巻き込んだ垂直連携(ユーザー、サプライヤ間の連携)、水平連携(バリューチェーン、産業横断の連携)の取り組みを推し進めている。そのため、日本においても自国が競争力を有する技術領域に加えて、垂直・水平連携において必要となる技術領域の強化が求められる。
英文要約This research aims to examine the domestic and overseas market in Cyber Physical Systems (CPS hereafter). By identifying technology trends and then conducting a case study targeting the manufacturing industry, we specified concrete technology issues which Japan has to tackle.
In this study, we defined CPS as “a system which contributes to solving social issues, developing existing industries, and creating new industries by integrating the real world with cyber space, allowing the collection, processing, and analysis of a variety of information, making ‘physical control’ possible.”
By comparing the respective strong points of Japan, Europe, and N. America, in terms of technology fields, we identified the technology fields Japan needs to pursue and specified concrete technology themes in each technology field.
CPS will bring about reforms in industry structure, such as collaboration between plants and the value chain (Industrie4.0) and the shift of manufacturing companies into service companies (Industrial Internet), which will lead to opportunities to expand business and strengthen competitiveness. However, European and US players are getting their governments involved and pursuing vertical collaboration (between users and suppliers) and horizontal collaboration (across the value chain and industry) including cooperation overseas. As a result, in Japan as well, in addition to technology fields where Japan is competitive, it will be necessary to enhance skills in the technology fields needed for vertical and horizontal collaboration.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る