成果報告書詳細
管理番号20150000000711
タイトル平成26年度成果報告書 国際エネルギー消費効率化等技術・システム実証事業 石炭高効率利用システム案件等形成調査事業 スリランカにおける高効率石炭火力導入可能性の案件形成調査
公開日2016/1/5
報告書年度2014 - 2014
委託先名電源開発株式会社
プロジェクト番号P93050
部署名環境部
和文要約国際エネルギー消費効率化等技術・システム実証事業 石炭高効率利用システム案件等形成調査事業 スリランカにおける高効率石炭火力導入可能性の案件形成調査

昨年度実施した「スリランカにおける高効率石炭火力導入可能性の案件発掘調査」で選定された3地点の開発候補地点から電力・エネルギー省(MOPE)によって選定された北東部トリンコマリー湾岸のSampur地点について、自然環境および土地利用状況、発電所に必要な用水、冷却水、港湾設備等のインフラ設置の可能性、送電線系統、スリランカの電力需要などをカウンターパートであるセイロン電力庁(CEB)の協力を得ながら詳細に調査し、新規輸入炭石炭火力発電設備の基本設計を実施した。また、プロジェクトスキーム、融資形態、経済性、CO2削減効果について検討し、試算・評価を行った。
発電機単機容量は電力系統の安定度から1基300MWとし、発電所開発規模はCEBの電源開発計画を反映し、300MW×2基(Phase1)および将来増設容量600MW(Phase2)、合計1,200MWとした。発電システムについては、高効率で環境性能に優れ、かつ日本メーカが優位性を確保できる高効率亜臨界圧(A-SUB:Advanced Subcritical pressure)貫流型ボイラ発電システムを採用し、スリランカ国内規制値はもちろんWB/IFCのガイドラインを十分クリアする環境対策設備を導入することとした。
発電所建設に必要な境影響調査評価については、調査期間中にCEBが先行着手し、2014年11月に中央環境省(CEA)において評価項目検討委員会(Scoping Committee)が開催され、予定サイト南側に先行開発されるCEBとインドNTPCのJV-IPP Project(250MW×2基)の影響を考慮したうえで評価を行うこと、湾内を回遊する大型哺乳類に配慮し温排水は湾出口にあたるサイト北側海岸沖へ排出することが要請された。
発電所レイアウトについては、サイトの地質調査、海況調査、海洋生物調査、環境影響シミュレーション結果ならびにCEAの要請事項に配慮し、冷却水は西側海岸沖1,100m地点で深層取水し、温排水は北側海岸沖850m地点で水中放流するものとした。また、発電所で使用される輸入炭については、7万トン級外洋石炭輸送船で豪・尼・南ア等から輸入するものとし、発電所の安定運転を考慮して専用桟橋を、必要水深15mを確保できる東海岸沖1,500m地点に設置するものとした。
プロジェクトスキームについては、CEBによる円借款融資、CEBによるバイヤーズクレジット融資、CEBと民間企業(最大50%出資)によるJV-IPPの3ケースについて検討を行い、財務分析を行った。この結果、タリフ低減の観点からは円借款、開発工程の観点からはJV-IPPでのスキームが有望と評価された。また、クリーンコール技術(CCT)導入によるCO2の削減効果は、年間80万t(1,200MWベース)と試算された。
今後、本調査結果を基にMOPEとCEBによって速やかに建設地点が最終決定され、プロジェクトに必要な土地の収用手続が行われる予定であり、それに引き続きスリランカ政府によってプロジェクトスキームが決定される。
英文要約Title: International Projects for Technologies to Increase Efficiency for Energy Consumption and System Demonstration / Research for Project Development Using High-efficiency Coal Utilization Systems / Feasibility Study on High Efficiency and Eco-friendly Coal Fired Thermal Power Plant in Sri Lanka

At Sampur point located in Northeastern district in Trincomalee Bay that has been selected among the tree candidate sites of the last year's "Pre-Feasibility Study" by Ministry of Power and Energy (MOPE), the existing landscape and its usage, utilization of station water and cooling water, possibility of port facility installation, power evacuation plan and power demand forecast in Sri Lanka, etc., were investigated in details in cooperation with Ceylon Electricity Board (CEB) and the basic design of new imported coal coal-fired power plant were carried out. Then, development scheme, financing structure, economic feasibility and CO2 reduction of the Project were studied, estimated and evaluated.
Single unit capacity was determined 300MW by the power system stability, Project development capacity was determined 2 units of 300MW (Phase 1) and the future extension capacity of 600MW (Phase 2), and the total 1,200MW in accordance with CEB's power development plan. Regarding the power generation system design, the subcritical pressure (A-SUB; Advanced Subcritical pressure) once through type boiler generation system with a higher thermal efficiency was adopted as an environmentally friendly system, which ensures technical advantage of Japanese manufacturers and meeting the requirements of Sri Lanka's national standards as well as the WB / IFC guidelines.
For environmental clearance of the Project, CEB had received study items and instructions from Central Environmental Authority (CEA) based on the result of Scoping Committee Meeting held in November 2014. CEA instructed 1) to take into account the effect of an adjacent IPP Project (Joint Venture by NTPC and CEB) in the back ground condition of Environmental Impact Analysis and 2) to discharge Thermal effluent outside the bay in order to minimize any negative impact to Marine large-scale mammals.
Based on the results of Geological surveys, Hydrographic surveys, Marine life surveys, Environmental impact simulations and above-mentioned CEA's requirements, Cooling water intake and discharge points were identified at 1,100m offshore of western shore and at 850m offshore of northern shore respectively. For mooring 70,000 MT-class ocean-going coal transporting vessels, an unloading jetty was located at 1,500m offshore of western shore assuring 15m depth.
For the Project's financing structure, financial analysis was conducted for 3 cases, namely, 1) ODA Yen loan by CEB, 2) Buyer's credit loan by CEA and 3) Joint venture by CEB and private-sector. As a result, it was viewed that 1) ODA loan case has the most competitive tariff while 3) Joint venture case has the shortest lead time to commissioning of the power plant. A reduction of CO2 emission by adopting Clean Coal Technology (A-SUB) was estimated 800,000 ton per annum for a 1,200 MW capacity basis.
The Project site will be finalized and expropriated by MOEP and CEB. Then, the Project scheme and Financing structure will be finalized by the government of Sri Lanka.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る