成果報告書詳細
管理番号20150000000755
タイトル平成26年度-平成27年度成果報告書 国際エネルギー消費効率化等技術・システム実証事業 石炭高効率利用システム案件等形成調査事業 ミヤンマーにおける高効率・環境配慮型石炭火力発電所プロジェクトの案件形成調査
公開日2016/1/5
報告書年度2014 - 2015
委託先名三菱商事株式会社 電源開発株式会社
プロジェクト番号P93050
部署名環境部
和文要約ミャンマーは電化率が約3割に留まり、また電化されている地域においては、総発電容量の約7割を占める水力発電の発電量が10月中旬から2月中旬頃に掛けての乾季に大きく減少するため、計画停電が発生している。急増する電力需要に対応するため、ガス・石炭火力のベースロード電源の増強が大きな課題となっているところ、ミャンマーで産出される天然ガスの7割がタイおよび中国に輸出されている中、ミャンマー政府内では石炭火力への期待が大きくなっている。ところで、ミャンマー西部に位置するイラワジ管区は複数の工業団地開発の検討を進めており、これら工業団地への電力供給を主眼に同管区主導で石炭火力を誘致している。本案件形成調査においては、同管区の意向を踏まえてベンガル湾に面するNga Pu Daw郡区を対象に新規石炭火力発電所候補地の選定をした。また、電力系統容量に見合った発電規模の設定をし、調達可能な石炭の性状を踏まえて高効率石炭火力発電設備の最適設計を行い、CO2削減効果を検討・評価した。さらに当発電所の周辺環境及び社会への影響の評価を実施した。候補地の対象地点としてイラワジ管区政府の推奨地点と独自調査による合計4地点の中から、冷却水(海水)の取放水の容易さ、周辺海域の水深を考慮した桟橋・港湾工事の容易さ、敷地造成の容易さ、住民移転の要否・規模を含む環境社会配慮を総合考慮の上、候補地を1地点選定した。発電機単機容量は電力系統の安定度から1基300MWとし、イラワジ管区政府の意向を反映して300MW×2基の合計600MWとした。燃料となる石炭は、ミャンマー国内からの調達が輸送インフラの未整備に伴い高コストであることから国外から輸入することを前提とした。アジア地域への主要石炭輸出国であるインドネシア、オーストラリア、ロシア、南アフリカの供給力を調査し、インドネシアおよびオーストラリアから調達することを前提とした。両国から調達可能な石炭の性状を基にボイラーを設計した。発電所の概念設計では、ミャンマーの国民から受け入れられる高効率で環境性能に優れた設備とすべく検討し、日本メーカーが優位性を持つ高効率発電設備の採用と、世界銀行/IFCの環境ガイドラインで定められている最大排出値を十分に下回る環境設備を提案する。本調査を通じて調査団はミャンマーにおける石炭火力案件開発の困難さに直面した。それは、ミャンマー政府としては石炭火力案件開発の必要性を認知しこれを推進する立場を取っている一方で、ミャンマー国民の一部は石炭火力の環境・社会への影響を憂い案件開発に強く反対しているというものである。本調査の一環として、石炭火力発電技術および環境保全に向けた事業者の取組み等についてミャンマー人有識者と意見交換を行いこの憂いの解消に努めたが、今後も本件の更なる詳細検討に並行して建設候補地点の周辺住民を中心とする利害関係者との継続的な対話が必要となる。
英文要約In the Republic of the Union of Myanmar ("Myanmar"), installed generating capacity relies heavily on hydropower at around 70%. During the dry season from mid-October to mid-February, electricity output from the hydropower sources decreases dramatically. As a result, the yet limited electrified areas are experiencing brownouts. Myanmar is in a rush to increase its generating capacity to meet its ever rising electricity demand, and shifting its major power source away from hydropower to thermal power is essential. In the short run, gas fired thermal power is not a realistic solution for Myanmar as 70% of natural gas produced domestically are exported to Thailand and China, and the gas allocated to generation is limited. This fact leaves the Government of Myanmar ("the Government") with merely one viable solution, which is to develop coal fired thermal power sources. The Government is encouraging public power developers to propose and develop new coal fired thermal power projects, and has concluded more than ten Memorandum of Understandings for the development of such projects and with more in the pipeline. This study is aimed to develop a coal fired thermal power plant project in Nga Pu Daw Township, a township located at the west coast of Myanmar facing the Bay of Bengal, which is proposed to be developed into an industrial zone by the Ayeyarwaddy Region Government ("the Region Government"). On-site surveys were conducted on four sites proposed by the Region Government and selected by the study team. Out of the four sites, one site has been selected, taking into consideration the ease of intake and outfall of the cooling water, construction of a jetty and port facilities and land preparation, and the degree of environmental and social impact to the surroundings. Unit generating capacity has been determined to be 300MW after conducting analyses of Myanmar's power grid. Following the Region Government's request, two units are planned to be installed making the project a 600MW project. Coal is planned to be imported from Indonesia and Australia. Transportation cost of domestic coal is too high for such coal to be utilized for the project. The boiler has been designed based on the quality of coal that can be imported from Indonesia and Australia. A high-efficiency boiler and environmental equipment meeting the WB/IFC Guidelines, utilizing predominant Japanese technology are proposed. The study team faced difficulties in developing coal fired thermal power projects in Myanmar. On one hand, the Government recognizes the urgency of the need to develop coal fired thermal power project, however on the other hand, not a small part of the population is anxious about the potential damages coal fired thermal power plants may impose on the environment and human health. During the term of this study, the team held discussions with residents around the site and with journalists to try to resolve anxiety, however, continuous discussions will be required.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る