成果報告書詳細
管理番号20150000000830
タイトル平成26年度成果報告書 NEDOプロジェクトの今後の企画・立案方策に関する情報収集
公開日2016/1/5
報告書年度2014 - 2014
委託先名株式会社三菱総合研究所
プロジェクト番号P09018
部署名技術戦略研究センター
和文要約本調査では、新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下「NEDO」という。)が、今後も産業競争力の強化や政策課題の解決につながるプロジェクトを継続的に推進していくために、特にNEDO担当者におけるプロジェクト企画・立案段階のプロジェクト・マネジメント方策の在り方を検討した。具体的には、NEDO研究開発プロジェクト成功事例に係る企画・立案段階の状況を把握した上で、NEDOにおける研究開発プロジェクト原案の企画・立案段階のマネジメント方策を整理したほか、産業界への聞き取り調査等をもとにNEDO研究開発プロジェクトとして取り上げるべき内容等を調査した。
まず、今後、NEDOが産業競争力強化につながるプロジェクト原案を継続的に企画・立案するための参考情報として、過去の技術開発成果の成功事例におけるプロジェクト立案時の状況について情報収集を行った。NEDO研究開発プロジェクト成功事例としては、NEDO既往調査にて『実用化ドキュメント』の対象となっている技術、及び『NEDOインサイド製品』として取り上げられている技術を用いた。これらの成功事例の企画・立案段階の状況を把握するため、既往調査における当該研究開発プロジェクト実施者への聞き取り結果等を分析したところ、成功事例の企画・立案段階においては採択審査委員会が大きな役割を有していることがわかった。そこで、NEDO内資料をもとに成功事例の採択に数多くかかわった審査委員を選定し、成功事例を見極める目利きとして採択時の重点審査内容等について聞き取り調査を行った。また、参考として、民間企業やNEDO以外の研究開発支援機関における研究開発プロジェクト企画・立案段階の実態を把握した。
NEDO研究開発プロジェクト成功事例に係る調査を踏まえ、プロジェクト企画・立案段階におけるマネジメント方策を検討した。検討の成果は、研究開発プロジェクトの企画・立案に関わるNEDO職員が活用できる『プロジェクト企画・立案段階の指南書』として取りまとめた。
加えて、今後のNEDOが中長期的に取り組むべきプロジェクトの要件検討に向けて、産業界における中長期展望や今後の研究開発の方向性を把握した。具体的には、業界団体等による将来展望資料調査や、多様な業種の代表的企業の研究開発戦略策定担当者へのヒアリング調査を通じて我が国の代表的な業種における研究開発の方向性を確認した。同時に、産業界におけるNEDOプロジェクトに対する期待・要望を確認した。その結果、近年、高い技術力が利益につながりにくくなっているため、新たなビジネスモデル構築に関心が移りつつあること等が示された。また、NEDOに対しては、必ずしも要素技術開発にこだわらない新たな『売り方』に関わるプロジェクト設計が期待されたほか、先端的な研究開発テーマについてはプロジェクト途中段階でのスクラップ&ビルドが容易なスキームに対する期待等が示された。
具体的な研究開発プロジェクトテーマとして提案があったいくつかのアイデアのうち、新興国におけるインフラ事業のIT制御による効率化と、施設における高度空間制御技術について、『プロジェクト企画・立案段階の指南書』を踏まえつつ、プロジェクト企画・立案に係るケーススタディを行った。
英文要約In order to promote NEDO's projects, which contribute to strengthen the industrial competitiveness and to solve the political issues, this survey project considered the project management methods at the planning stage of project for staffs of NEDO. In the survey, the situation of the planning stage of successful cases of NEDO’s research and development project was assessed, and the management methods at the planning stage of those projects were collected and organized. And the content themes which should be focused on by the NEDO’s research development projects were also gathered based on the interviews to industrial people.
For NEDO’s reference, this survey collected information on the planning stage of the past successful NEDO’s research and development projects. As the successful projects, the technologies which were described in existing documents and research projects were selected. According to interviews to persons in charge of those research and development projects, the review committee played the main role at the planning stage of the successful cases. The members of the review committee, who have been involved in many successful cases, provided review points for adopting successful projects. For reference, the actual situation on the planning stage of the research and development projects supported by the other organizations and private companies was surveyed.
On the basis of the above survey, the management method at the planning stage of project was considered, and the guideline for planning of projects was developed for that staffs of NEDO refer at the planning stage of research and development projects.
Additionally, in order to consider NEDO's projects in mid and long term, the future research and development direction and mid and long term vision in the industries were surveyed. According to publications from industry organizations and the interviews to persons in charge of the strategy of research and development in major companies in different industries, the research and development direction in Japanese representative industries were confirmed. Their needs and requests to NEDO were also confirmed. The survey showed the trend that they are interested in establishing new business model, since high technologies do not always lead to their benefits in recent years. They expect NEDO to design the projects for developing new sale methods and not pursuing development of elemental technologies, and also the project scheme which is easy of scraping and building at the middle stage for the advanced research and development theme.
Finally, based on the guideline for planning of projects, two project planning case studies were conducted. Topics of the case studies, the efficiency through IT control in infrastructure projects in developing countries and the advanced space control technology in facilities, were picked up from the proposals for research and development projects.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る