成果報告書詳細
管理番号20150000000849
タイトル平成25年度-平成26年度成果報告書 風力等自然エネルギー技術研究開発 洋上風力発電等技術研究開発 地域共存型洋上ウィンドファーム基礎調査
公開日2016/1/30
報告書年度2013 - 2014
委託先名一般財団法人日本気象協会 国立大学法人名古屋大学 株式会社三井物産戦略研究所
プロジェクト番号P07015
部署名新エネルギー部
和文要約1.適合海域の抽出
1)洋上風力発電システム別の適合海域の抽出
まずNEDO風況マップを用いて洋上風力発電導入に値する年平均風速(7.0m/s以上)が得られると想定される海域を抽出した。次に、抽出海域から、水深0-50m、51-100m、101-200mの海域を抽出した。最後に、配慮の必要な自然条件(藻場・干潟等)、社会的条件(漁業権区域等)のGISデータを入手し、抽出されたマップ(風速条件別・水深別)に重ね合わせた。
2)洋上風力発電システム別・漁業利用形態別の適合海域
1)で得られた海域を参考に13の調査対象海域を選定し、漁場(主要な有用魚種と漁場範囲等)・漁業形態(主要な漁具・漁法等)に関する既往資料によって漁業利用状況を整理し、各海域の特性を把握した。その結果、海面漁業漁獲量は太平洋側が多く、日本海側が少ない傾向にあるが、日本海側だけでみると、北部では石狩湾海域、南西部では響灘海域、壱岐及び対馬周辺海域、五島列島周辺海域といった海域で漁獲量、生産額ともに大きいこと、また響灘海域と壱岐及び対馬周辺海域は水産資源の保全活動の件数も多いこと等が分かった。
2.国内における事例調査
地域共存のための洋上風力発電施設のあり方に関する現状と課題を調査するため、5つの漁業団体と自治体、並びに3つの港湾関係部署と既存洋上風力発電事業者にヒアリング調査を行った。その結果、洋上風力発電についての印象は洋上風車が海に設置されることから漁業への影響のイメージがあること、漁船による作業支援は好意的な回答が得られたため合意形成メニューとして有益であること、観光資源としても期待が高いものの、地域活性化に資する具体的方法の検討が必要なこと、自給型養殖、沖合養殖並びに浮き魚礁の3つの施設については可能性の域にとどまること、蝟集効果については魚種を問わなければ効果が期待できること等が分かった。
3.海外における事例調査
欧州における洋上風力発電と雇用規模、洋上風力発電と漁業の共生事例及び漁業者との合意形成について、欧州のコンサルタント会社に調査を依頼した。その結果、2014年末現在、欧州では74の洋上風力発電ファームが、11か国の海域に建設され、合計2080基の風車が系統連系され、2014年末の累計設備容量は約800万キロワットであること、雇用創出規模は、直接雇用が約1万1千名、間接雇用が約8千名、合計1万9千人の雇用が創出されたと推定され、雇用創出効果は陸上風力発電の2.5-3倍に達すること等が分かった。合意形成については、環境規制、ガイドライン及び合意形成のスケジュールなどの観点から調査を行うとともに、漁業者としての交渉事例についても事例調査を実施した。
4.合意形成メニューの策定
1-3の結果に基づき、合意形成メニューを「洋上風力発電事業を進めるために利害関係者との合意を図る上で提案できるもの」と定義し、1)合意形成の場の設置、2)漁業者の事業への参画・提携・支援等、3)水産資源の保護並びに海洋環境への影響評価、4)漁業施設としての洋上風力発電施設の利活用、5)観光資源、6)経済効果、7)情報共有・提供の観点から、合意形成メニューの策定を行った。
英文要約1. Site selection of suitable sea areas for offshore wind farm
1) Site selection of sea areas suitable for the offshore wind power generation system
First, the sea areas where an annual average wind velocity of 7.0 m/s or higher can be expected to be obtained were extracted using the NEDO wind energy map. The areas were valued as candidates for installing the offshore wind power generators. Next, sea areas with the water depth ranges of 0~50, 51~100, and 101~200 meters were extracted from the candidate areas. Finally, the GIS data concerning the natural conditions (e.g. seagrass beds and tidal land) and social conditions (e.g. fishing rights area) needed to take into account were obtained to superimpose them on the created map classified by wind velocity and water depth.
2) Suitable sea areas from the perspectives of the offshore wind power generation system and the fisheries activities
Totally 13 investigation target sea areas were selected referring to the sea areas obtained in 1). The fisheries utilization states were organized and characteristics of the target sea areas were understood by the existing documents on the fishing grounds (e.g. major valuable fish species and fishing domains) and the fisheries form (e.g. major fishing equipment and methods). The result shows that the catches of marine fisheries are relatively large on the Pacific side, whereas they are small on the Japan Sea side. Among the Japan Sea areas, fish catches and the value of production are high in the northern Ishikari Bay area and the southwest area including the Hibiki Nada Sea, Iki-Tsushima Islands, and Goto Islands. It became clear that the Hibiki Nada Sea and Iki-Tsushima Islands score large numbers of activities for preserving marine resources, too.
2. Research on reference cases in Japan
A hearing survey was conducted to understand the present state and issues of the offshore wind power generation facility that could exist together with the local areas. The survey targeted five fisheries associations and local governments, three port-related organizations, and the existing offshore wind power generation operators. The survey revealed these: the wind power generation reminds fishery operators of some influence on fisheries because the windmills will be installed on the sea; the construction support utilizing fishing boats is an item useful for forming a consensus because the idea was accepted positively; incentive methods for vitalizing the local area must concretely be proposed, although the generators would highly be expected as a tourism resource; the three facilities for self-support culture, offshore culture, and floating fish banks cannot be realized; the swarming effect is expected to be obtained for certain fish species.
3. Research on refrence cases in Europe
4. Examined tools for consensus building
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る