成果報告書詳細
管理番号20150000000138
タイトル平成26年度成果報告書 地球温暖化対策技術普及等推進事業 メキシコ国における地熱発電プロジェクトの案件調査 
公開日2016/2/20
報告書年度2014 - 2014
委託先名株式会社日本総合研究所
プロジェクト番号P11013
部署名京都メカニズム事業推進部
和文要約 本調査事業では、メキシコ国において、その豊かな資源賦存が確認されている地熱発電の開発事業をめぐる各種調査・分析を実施した。具体的なプロジェクトとして、メキシコ国ナヤリト州ドモ・デ・サン・ペドロをサイトとする25MWの地熱発電開発事業において、日本企業による地熱発電関連設備・機器の導入可能性を検討するとともに、当該プロジェクトの実現によって達成されるGHG排出削減方法論の検討、同方法論を用いた排出削減見込量の試算を実施した。

 調査内容は以下のとおりである。
1.メキシコにおける地熱開発推進状況の整理:
 本調査においては、まずメキシコの地熱発電事業の推進政策の状況を調査した。政府機関へのヒアリングや関連資料からは、再生可能エネルギー全般を推進していくという政策のもと、地熱に関しても同様に積極的に推し進めたいとの意向が確認できた。すなわち、2013年より精力的に進められているエネルギー改革に乗じて、再生可能エネルギーの導入を推し進めたいメキシコ政府の施策の後押しを受けて、今後、地熱開発が積極的に進められていくための土壌が形成されつつある。他方で、長期間に亘る開発期間でのリスクやコスト負担という地熱開発事業を取り巻く様々な障壁の緩和には、経済的支援をはじめメキシコ政府からの協力が不可欠である。しかしながら、そうした施策についてはいまだ検討段階にあり、具体的に整備されるまでには今しばらくの時間を必要とする見通しである。

2.対象プロジェクトの事業計画検討:
 対象プロジェクトにおいて導入する地熱発電設備を検討した。同サイトで開発が進む地熱開発第1フェーズ事業にて確認した蒸気条件やMT探査結果等も勘案し、基本となる発電設備容量を25MWと設定のうえ検討した。地熱発電システムの選定においては、各国の地熱発電所に数多く採用され、最も一般的な発電方式である「シングルフラッシュ方式」を採用した。同方式をベースとして地熱発電設備の概念設計を行った。

3.MRV方法論の検討:
 これまでに地熱発電を含む再生可能エネルギーによる発電事業は、CDMおよびJCMにおいて排出削減プロジェクトとして、プロジェクト登録あるいは事業可能性調査が行われている。これらの各種プロジェクト実績や調査結果を参照してMRV方法論を検討した。具体的には、CDMの登録プロジェクトで用いられている方法論であるACM0002やAMS-I.D等5つの方法論を参照した。また、現在メキシコにおいて進行中のエネルギー改革の状況をふまえつつ、リファレンスシナリオや適格性要件を検討した。

4.事業化の見通し:
 対象プロジェクトの今後の実施見通しに関しては、現地調査を経て、その実現性について一定の評価が与えられるとの印象を受けた。プロジェクトオーナーである現地の開発事業者GEODESAは、昨年にメキシコで民間初となる地熱発電プロジェクトを始動させ、現在まで順調に進捗している。プロジェクトの推進に必要な環境ライセンスの取得やサイト内のアクセス道路や送変電設備等の関連インフラ整備も第1フェーズの中で完了しているため、第2フェーズとなる本対象プロジェクトの開発にあたり大きな問題は特段見当たらない。他方、開発資金の調達方法については今後の課題でもあり、日本政府の有する支援・補助スキームの活用も念頭に、継続的に検討していく予定である。
英文要約 In this Study, we carried out various investigations and analyses on the development project of geothermal power generation of 25MW in Mexico. We considered the possibility of installing equipment related to geothermal power generation that are provided by Japanese manufacturers and reviewed the methodology for reducing GHG emissions achieved by the project and preliminary calculations of amount of emissions reduction by means of proposed methodology.

Following are the main survey items:
1. geothermal development in Mexico:
We first investigated the status of the policy for promoting geothermal power generation projects in Mexico. From related documents and interviews, we confirmed the concerned parties’ intention that under the government policy to promote renewable energy as a whole, and they hope to proactively promote geothermal power generation as well. This implies that with the support of the Mexican government’s policy, the foundation for proactively promoting geothermal power generation going forward is being formed. On the other hand, to alleviate various barriers surrounding the geothermal power development such as risks and costs associated with the long time for development, the Mexican government's cooperation, including economic support, is essential.

2. Project plan review:
We reviewed the geothermal power generation plan. Also considering the steam conditions and MT survey results that had been confirmed in the first phase of the geothermal project under development at the site, we carried out a review after setting the basic power generation equipment capacity to 25 MW. We made a conceptual design of the geothermal power generation equipment based on this method.

3. MRV methodology:
By referring to the achievements and investigation results of the past projects, we reviewed the MRV methodology. Specifically, we referred to five methodologies that are methodologies used in projects registered in CDM. Also, considering the situation of ongoing Energy Reform in Mexico, we reviewed the reference scenario and eligibility requirements.

4. Commercialization:
After completing an on-site investigation, we felt that a certain evaluation could be given. Local developer has progressed the project. As the environmental license has been acquired and construction of the related infrastructure, such as access roads to the site and power transmission/transformation equipment, which are necessary for accelerating the project have already completed in the first phase, we did not find major problems with the development of the target project, which is the second phase. On the other hand, how to raise development funds remains an issue going forward, and we plan to continuously discuss it while bearing in mind utilizing the support/assistance scheme that the Japanese government possesses.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る