成果報告書詳細
管理番号20150000000226
タイトル平成26年度成果報告書 地球温暖化対策技術普及等推進事業 JCMプロジェクト実現可能性調査 カンボジア王国におけるSEZ向け太陽光・ディーゼルハイブリッドシステム発電事業の検討
公開日2016/2/20
報告書年度2014 - 2014
委託先名株式会社レノバ
プロジェクト番号P11013
部署名京都メカニズム事業推進部
和文要約日射量が豊富で電力価格が高いカンボジア王国(以下、カンボジア)において、太陽光発電とディーゼル発電を組み合わせたハイブリッド発電を導入し、安定的な電力需要が見込まれる経済特区(Special Economic Zone。以下、SEZ)に売電する事業の実現可能性を調査した。
ハイブリッド発電は電力需要に合わせて、太陽光発電の発電量にディーゼル発電を加えて発電量を制御する必要があることから、カンボジアの日射量を明らかにした上で、当該技術を利用した実現可能性についてプノンペンSEZを対象にシミュレーションを行い、ディーゼル発電の燃料消費量を特定した。事業性の検討においては、ディーゼル発電の燃料費用が原価の約4割を占めることから、他の国のSEZと比較して競争力のある売電価格で事業を実施しようとする場合、現時点の前提においては、ハイブリッド発電事業の採算性は低いことが明らかになった。今後は再生可能エネルギーに対する優遇策等の動向を注視しながら、他地域のSEZ等の大口需要家を対象とした事業の検討を行っていく。一方で、太陽光発電の単体事業として経済性を検討した結果、ハイブリッド発電事業と比較して採算性が高いことが明らかとなった。初期投資額の低減を図ったうえでSEZと長期にわたって安定した価格で売電契約を締結することができれば、太陽光発電事業の実現可能性がある。
MRV方法論案については、既存の国内及び海外の方法論を参考に、MRV方法論案を作成し、第三者機関による適用可能性審査を受けた。作成したMRV方法論案を用いてGHG削減効果の推計を行った結果、28,700 t-CO2/年以上の削減効果が見込まれることが明らかとなった。本技術を横展開した場合のカンボジアにおけるGHG削減ポテンシャルを推計した結果、150,000 t-CO2/年以上の一定の削減ポテンシャルがあることが明らかとなった。
政府機関や金融機関等に訪問ヒアリングを行い、当事業の実施に対しての規制、支援制度やファイナンススキームの活用方法についての検討を行った。現在、カンボジアにおいては再生可能エネルギー由来の電力を高値で買い取るような具体的な施策は存在しないため、今後の再生可能エネルギーの普及のためには政策的な支援が望まれる。また、ファイナンス環境においては、カンボジアにおけるプロジェクトファイナンスの導入事例が稀であり、ファイナンススキームの構築に課題が存在することが明らかとなった。
英文要約Feasibility study was conducted on the power generation project installing solar and diesel combined hybrid power generation system in Cambodia where abundant insolation and high electricity rates are observed. In the project, the electricity will be generated, then sold to Special Economic Zone (SEZ) where stable electricity demand is expected.
The amount of electricity the hybrid power generation system generates based on the demand needs to be controlled by adding electricity generated from the diesel generator accordingly to the solar power generation. Once the insolation of Cambodia was investigated, fuel consumption of diesel power generation was determined by conducting a simulation of technical feasibility at Phnom Penh SEZ. The result indicated that a profitability of this hybrid power generation project will be low when considering an electricity selling price that is competitive compared to other country’s SEZ, under current assumption.After that we are studying the possibility of other customers use much electricity as a target watching carefully such as incentive policy.
On the other hand, when considering solar power generation only project, the result indicated high profitability compared to the hybrid power generation project.
Regarding the MRV methodology, it was created using existing domestic and foreign methodologies as references and was reviewed by the third party organization. When applying the created MRV methodology to estimate GHG emissions reductions, it became apparent that more than 28,700t-CO2/year of reduction effect is expected. When assuming the project technologies to spread and be implemented in other areas of Cambodia, the estimated result showed a potential reduction more than 150,000 t-CO2/year.
Interviews were conducted with governmental organizations, financial institutions, etc. to discuss on regulations, support programs and utilization of finance schemes for the project. Currently, there are no policies and measures available in Cambodia for high price trading of electricity from renewable energy sources. For the spread of renewable energy, support by the policies is desirable in the future. Regarding the financing environment, it became clear that there are not many cases of project financing in Cambodia and that issues remain on finance schemes.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る