成果報告書詳細
管理番号20150000000470
タイトル平成26年度成果報告書 革新的なエネルギー関連技術の動向・利用に関する検討
公開日2016/3/1
報告書年度2014 - 2014
委託先名みずほ情報総研株式会社
プロジェクト番号P09018
部署名イノベーション推進部
和文要約件名:平成26年度成果報告書 革新的なエネルギー関連技術の動向・利用に関する検討

技術的には利用可能とされながら実用化に至っていない非化石エネルギーを用いた発電システムのうち、我が国において、現在政策的に支援されている新エネルギー発電システム(太陽光、風力、バイオマス)以外の革新的発電システムについて、系統連系向けの大規模発電を主としてその実現可能性の検討を行った。
革新的発電システムが既存の発電システムに取って代わるためには、従来の発電システムにはない圧倒的な利点が必要であり、一見その実現可能性は低いように見える。しかし、中長期の視点からみると、資源量、資源リサイクルの視点をはじめ、気候変動対策、急激な発電コストの低下、社会受容の変化、その他様々な要因によって革新的な発電システムの導入機運が高まる可能性がある。本調査においてはこれらの要因を加味しつつ、さらに焦点を絞り、系統連系が不向きな場所における実現可能性を検討することで、革新的な発電システムの今後の方向性を探ることとした。
そこで、本調査においては、イオン化金属利用技術、化学物質利用技術等、様々な革新的発電システムの技術動向調査を広く実施した。さらに、これらの技術の中から、将来においてその優位性が高まる可能性のある技術を抽出、その詳細調査を行い、具体的な課題や方向性、利用可能性について検討を行った。
調査は、以下の項目について実施した。
(1)革新的発電システム技術の検討
1.調査対象技術の抽出
調査対象技術について、予め設定した選定基準に合致する調査対象技術をリストアップし、有識者委員会に諮ったうえで最終的な調査対象技術を決定した。
2.概要調査の実施
調査対象技術について、新聞発表記事、論文情報などの公開情報をもとに、可能な範囲で広く情報を収集した。
3.詳細調査の実施
概要調査対象技術のうち、国の新たな支援を必要とし、かつ将来においてその優位性が高まる可能性のある技術としてイオン化金属利用技術を対象にしたうえで、各技術の技術概要、課題、完成度、利活用状況、国内外研究開発機関競争力等の詳細調査を実施した。また、対象技術を専攻とする研究者、及び対象技術を含む広く革新的なエネルギー関連技術についての知見を有する有識者へのヒアリングを実施した。
4.特許動向調査
イオン化金属利用技術に関する海外特許動向について、公開データベースを利用して調査を行った。まず対象技術について、数量調査(年ごと、国ごとの特許数)と、対象技術の個別特許調査(主な特許概要)を実施したうえで、さらに、これらの技術の今後の事業化の可能性を探るため、対象技術の特許の一部について、既に普及しているLiイオン電池の特許との比較を行った。
5.有識者ヒアリング
革新的発電システムの事例とその事業化の課題について、広い知見を有する有識者に対しヒアリングを実施した。
(2)有識者委員会の実施(合計3回)
有識者から構成される委員会を組成したうえで、合計3回の委員会を開催し、調査方針・調査手法の検討、調査結果の精査、技術の利用可能性についての検討を行った。
英文要約Title: A study of trends in and utilization of innovative energy-related technologies FY2014 Final Report

This study surveyed innovative electric systems focusing primarily on feasibility as generation for grid connection. We concentrated on electric systems using non-fossil energy which have not entered practical use, even though they are regarded as technologically usable, besides those currently supported by the government in Japan (i.e., solar power, wind power, biomass).
In order for innovative electric systems to replace conventional electric systems, they must have overwhelming advantages. At first glance, it appears that the probability of future business is low. However, from a medium/long-term perspective, there may be increased chances for installing innovative electric systems due to a variety of factors such as resources, potential resource recycling, climate change measures, sudden drops in generation costs, and changes in social acceptance. In this survey we investigated the future direction of innovative electric systems taking such factors into consideration, and by narrowing the focus, evaluated the possibility of installation at locations not suited to grid connection.
Thus, this survey covered a wide-range of trends relating to various innovative generation technologies using ionized metals and chemicals. Furthermore, technologies with high potential for increasing competitiveness in the future were identified and surveyed in detail. Also, they were examined for concrete issues, future directions and usability.
The survey was carried out regarding the following items.

(1) Study of electric system technologies using innovative energy
1. Identification of technologies to be surveyed
At first we listed the technologies to be surveyed, by choosing criteria formed beforehand. Then we decided which technologies to survey after consulting with the expert committee.
2. Basic survey
We collected on a broad range of technical information to be surveyed, based on public information such as newspaper announcements/articles, and academic papers.
3. Detailed survey
Here, we decided to focus on technologies using ionized metals as a technology requiring new support from the government, and having greater advantages in the future. Then we carried out a detailed survey of topics relating to each technology, such as the basic overview of the technology, issues, degree of completion, usage situation, and competitiveness of research and development organizations both inside and outside of Japan. In addition, interviews were conducted with researchers specializing in the applicable technologies, and experts on related innovative electric systems incorporating the technologies surveyed.
4. Survey of trend in patent
Trend in foreign patent related to technologies using ionized metals was surveyed with public databases. At first, we carried out quantitative researches (number of patent per year or country) and individual researches (outline of main patents). And furthermore, we compared patents trend of some technologies with that of Li-ion batteries in wide spread use, and explored the possibility of commercialization of these technologies.
5. Experts interview
We interviewed experts who had wide knowledge in innovative electric system about an example of the system and their commercialization.

(2) Expert committee (held 3 meetings)
A committee comprised of experts was formed, and the committee held three meetings. The committee reviewed the survey approach and methods, evaluated the survey results, and examined the potential for using the technology.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る