成果報告書詳細
管理番号20150000000615
タイトル平成26年度成果報告書 地球温暖化対策技術普及等推進事業 マレーシア国ペナン州における木質系バイオマス発電技術のパッケージ型導入を通じたJCM実現可能性調査
公開日2016/2/20
報告書年度2014 - 2014
委託先名株式会社クレハ環境 株式会社オリエンタルコンサルタンツグローバル
プロジェクト番号P11013
部署名京都メカニズム事業推進部
和文要約本実現可能性調査は、川崎市とマレーシア国ペナン州における都市間連携の下、建設廃材、剪定枝等を燃料とする木質系バイオマス発電技術の導入、事業化を目指すものである。当該発電技術導入を通じて、既存グリッド由来の電力利用に起因するエネルギー起源CO2発生抑制に貢献する。また、川崎市の成功モデルの一つである木質系バイオマス発電プラントを中心としたハード・ソフトのパッケージ型技術のマレーシア国内における普及・展開を図るとともに、我が国の低炭素技術であるバイオマス発電技術を現地に普及させ、今後我が国とマレーシア国の間で実施合意の可能性がある二国間クレジット制度を通じて、我が国のGHG排出削減に貢献することを目指した。現地調査において、連邦・ペナン州政府関係者や現地企業・大学関係者等を対象としたヒアリング等を行い、連邦・州の政策・法規制情報や、燃料バイオマスの性状・発生見込や収集運搬、木質系バイオマス発電に係る優遇策等に係る情報を収集した。これに基づき、発電プラントの施設設備仕様を検討するとともに、ペナン州内において、建設候補地の検討、ならびに環境影響評価(EIA)を含む建設・建築・消防等規制に係る現地確認を行った。これら確認結果を踏まえ、燃料供給計画や電力供給計画、現地人材育成を含む設備の運用・メンテナンス計画の策定検討を行った。以上の検討結果に基づき、本実現可能性調査において、現地企業とのパートナー関係構築による事業実施の想定に立った現地運営体制検討、コスト・経済性評価、国家グリッド向け売電、ファイナンスを含む実施計画策定を行った。加えて、事業化後において、現地パートナー企業担当者が測定・報告・検証(MRV)を実施することを想定し、GHG排出削減量評価のために必要となるMRV実施計画や方法論案の策定を行った。このうち、後者については、第三者機関によるMRV方法論適用可能性等審査を受審し、合格した。本調査の実施過程において、候補地特定に向けた現地政府関係者との協議の結果、住民問題等、現地における木質系バイオマス発電導入を妨げる問題点の存在も確認された。本調査の最終段階では、ペナン州の政府関係者及び民間企業関係者に対して、本調査の検討結果及び木質系バイオマス発電技術の詳細に関する説明を行い、今後のペナン州及びマレーシアにおける木質系バイオマス発電技術の導入・普及に向けた前向きなコメントを得た。本実現可能性調査成果の実証に繋げるため、調査終了後も地道な現地向け説明を継続して行い、問題解決に向けた努力を行う必要がある。また、各候補地に係る問題が解決された場合は、現地関係者の協力を得て、パッケージ型木質系バイオマス発電技術のマレーシア国内における水平展開や他のASEAN諸国への普及を視野に入れた形による事業化に着手する方向で検討していく。
英文要約This feasibility study (hereinafter referred to as "F/S") for "The Project for Low-Carbon City Development through the Introduction of Package-Style Woody Biomass Power Generation in Penang State, Malaysia" (hereinafter referred to as "the Project") is aimed for introduction of woody biomass power generation introduction in Penang State under city-to-city collaboration scheme between Kawasaki City and Penang State. The Project generates electricity and supplies it to national grid using woody biomass fuels including construction and demolition wastes, pruned trees. The Project is expected to contribute to CO2 emission reduction as result of replacing electricity and reduction of fossil fuel consumption in national grid.The Project is aimed to disseminate package-style low carbon technology with woody biomass power generation plant as a core technology component in Malaysia. Also, the Project is expected to contribute to GHG emission reduction in Japan, through possible JCM Scheme between Japan and Malaysia in the near future.During the F/S period, NEDO Expert Team collected information on policies, laws and regulations related to the proposed technology at federal and state levels and situation of woody biomass fuels in Penang State.Based on collected information, specification of woody biomass power generation plant and candidate sites for power generation plant construction in Penang State were considered.Also, fuel and electricity supply plans and operation and maintenance plan for the Project in Penang State were considered.Furthermore, local business scheme including partnership with local companies, and drafted project implementation plan including cost and economic evaluation with electricity sale plan to national grid were considered. In addition, necessary MRV implementation plan and methodology for the Project were drafted.In this F/S period, NEDO Expert Team has consulted with various stakeholders in local governments for candidate constriction site selection. Through consultation, it was confirmed there are points to be resolved for implementation of the Project in Penang State.At the final stage of this F/S, NEDO Expert Team made presentation on F/S result and details of proposed technology for various stakeholders in Penang State. The stakeholders provided positive comments and feedbacks for further proposed technology introduction and dissemination in Malaysia and Penang State.It is recognized as necessary to make efforts for overcoming abovementioned barriers with continuous dialogues with local stakeholders to secure implementation of the Project, after this F/S is finished. Once problems related to each candidate construction site are solved, NEDO Expert Team will consider possibility of implementation of the Project, in collaboration with local stakeholders, in eye of package-style woody biomass power generation technology dissemination in Malaysia and other ASEAN countries.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る