成果報告書詳細
管理番号20150000000646
タイトル平成26年度成果報告書 新エネルギーベンチャー技術革新事業 新エネルギーベンチャー技術革新事業 (太陽光発電) 設置スペースを多用途化できる散乱光活用型集光型太陽光発電システムの技術開発
公開日2016/3/1
報告書年度2014 - 2014
委託先名株式会社大菱計器製作所 国立大学法人長岡技術科学大学 新潟県工業技術総合研究所
プロジェクト番号P10020
部署名イノベーション推進部
和文要約件名:平成26年度成果報告書 新エネルギーベンチャー技術革新事業 新エネルギーベンチャー技術革新事業(太陽光発電) 設置スペースを多用途化できる散乱光活用型集光型太陽光発電システムの技術開発

本研究では、設置スペースの多用途化を目的として、散乱光活用型集光型太陽光発電システムの技術開発を行った。
本研究開発で散乱光透過式発電モジュールの基本構造を決定した。
レンズ形状とモジュールの高さを設計する際の仕様条件を、1) モジュール厚さは30mm以下、2) モジュール変換効率は28%以上、3) 散乱光透過率は70%以上として行った。上凸レンズアレイ(中空レンズ)と2次集光機能も備えた上凸レンズアレイ(中実レンズ)でのモジュールを検討し試作を行った。
実際にモジュール組立を行うためにはレンズアレイを大型化する必要があり、アクリルとガラスとの接着技術が必要となる。尚、接着技術への要求事項としては、高い散乱光透過率と耐候性が条件になる。
アクリルとガラスとの接着は特殊な接着剤を使用することで、透明性が高く、熱変化等のストレスに強い貼り付け技術の確立ができた。
本研究開発で試作品の評価を実施した。
屋内評価と屋外評価を行った結果、中空レンズで作成したミニモジュールでモジュール変換効率が28%以上、散乱光透過率70%以上の達成が可能であることを実証した。
ビジネスプラン作成のため商品化イメージを作成し実現可能性の検討を行った。
本プロジェクトを通じて、市場調査、装置開発、実証実験などで多くの企業の協力を得た。本研究開発の成果を大学と株式会社大菱計器製作所が共同で実用化し、株式会社大菱計器製作を中核とした複数の企業によるベンチャー企業設立の体制ができた。
英文要約Title: New Energy Technology Research Development/New Energy Venture Business Technology Innovation Program (Photovoltaic Power Generation)/ Technical development of the concentrating photovoltaic power generation system utilizing effective utilization capable diffusion solar radiation of installation space (FY2014) Final Report

In this project, a high-concentration concentrator photovoltaic (CPV) system that utilizes a diffuse solar radiation use was newly developed for efficient dual-land.
We conducted basic structural design of the CPV module utilizing diffuse solar radiation. Target specifications were as follows: 1). module thickness is 30mm or less, 2). module conversion efficiency of 28% or more, 3). diffuse light transmittance of 70% or more. We conducted prototyping of the modules with the hollow convex lens array and the solid convex lens array combined with a secondary optics. In order to carry out the module assembly, it is necessary to increase the size of the lens array. That requires a bonding technique for acrylic lens and glass plate. High optical transmittance and weather resistance are also required. To satisfy those requirements, a special adhesive was used and trial fabrication demonstrated high transparency and affordable temperature durability.
Indoor and outdoor evaluations were carried out. Mini module fabricated with the hollow lens was able to achieve the goal module conversion efficiency, i.e. 28% or more and approximately 70% of the diffuse light transmittance.
We created and examined a product image considering future business model. Through this R&D project, we obtained many cooperators as potential business partners. As a manufacturer company, OBISHI KEIKI SEISAKUSHO Co. Ltd. can play key roles in marketing, utilizing the research results by Nagaoka University of Technology, licensing and transferring the technologies to customer makers and cooperators. The several cooperators can assist production, sales and after services.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る