成果報告書詳細
管理番号20150000000691
タイトル平成23年度ー平成24年度成果報告書 「SBIR技術革新事業 RFIDファイバーおよびアンテナファイバーを用いた高機能病理検査用検体管理システムに関する研究開発」
公開日2016/3/1
報告書年度2011 - 2012
委託先名株式会社アシスト 公立大学法人大阪市立大学 株式会社ソーホーエード
プロジェクト番号P08015
部署名イノベーション推進部
和文要約件名:平成23年度ー平成24年度成果報告書 「SBIR技術革新事業 RFIDファイバーおよびアンテナファイバーを用いた高機能病理検査用検体管理システムに関する研究開発」

病理検査の作業工程においては、手作業に頼る部分が多いため、情報の照合で間違いが発生しやすく、誤診断や誤診療が問題となっている。我々は、この問題を解決するため、RFIDファイバーとIT技術を融合し、検体の取違いなどのミスを常時監視して作業者に通知、補正するシステムを開発する。現行の作業工程を増やすことなく容易に導入できて、医療事故撲滅可能なシステムを目指す。F/Sでは、現状の検体管理システムに対するRFIDファイバーの優位性評価を行い、パラフィン浸漬に対して動作可能なこと、病院内の電子機器に影響を与えないことなどを確認した。また、大阪医師会医療センターの協力を得て、病理検査の現場を視察することで抽出した条件をもとに、病理検体トレーサビリティー情報システムのプロトタイプ試作を行った。加えて、事業化に向けて外部連携先を調査選定し、ビジネスモデルのドラフトを作成した。R/Dでは、実用的な検体容器の試作として、RFIDファイバーを容器の成型時に埋め込む方法を検討し、これに準じた方法で検体容器を製作した。また、製作した容器に対して、水、アルコール、ホルマリン、パラフィン浸漬などの耐久性を調べ、読取り特性が大きく変化しないことを確認した。実用的なリーダーの開発として、病理検査現場での意見に基づき、簡易で実用的なインターフェースと、検査作業に適した指向特性をもつアンテナを設計試作した。試作したリーダーと、RFIDファイバー埋込み検体容器とを用いて読み取り特性の測定を行い、良好な結果を得た。さらに、より小型で高機能のICタグの開発として、2.5mm角のUHF帯RFIDチップを用い、印刷技術と組み合わせた小型RFIDタグを製作した。また、レーザー刻印についても検討し、RFIDのバックアップ手段として有効であることを確認した。情報処理システムの実用化として、セキュリィティ対策、ボリューム対策を確保した上で、スキャンした依頼書を文字認識して入力作業を省力化し、ICタグを自動読み込みしIDを常時監視して間違いを防止し、依頼毎の進捗状況、作業履歴、その他情報をデータベースで一元管理しミスの防止・作業効率向上・作業品質向上を実現するソフトウエアシステムを製作した。さらに、大阪医師会医療センターでの実証実験を通じて、現場の現状に適合し、導入効果が得られるシステムにブラッシュアップした。
英文要約Title: Technology Innovation Program for Small Business Innovation Research / Research and Development on High-Performance examination of a tissue sample Check System for Pathological Examination Using RFID with antenna Fibers (FY2011-FY2012) Final Report

Most pathological examination processes depend on manual operations that are prone to data collation errors and cause problems, such as misdiagnosis and inappropriate treatment. To address such problems, we aim to develop a system integrating RFID fibers and information technology for continuously monitoring sample mix-ups and other errors, reporting the errors to the operator, and then correcting the errors. Our goal is to build an easy-to-introduce system that eliminates medical accidents without adding extra work processes to existing ones. In the F/S, the competitiveness of the RFID fiber system over the sample control system currently in use was evaluated, and it was confirmed that the RFID fiber is operable when submerged in paraffin and that the system does not affect electronic devices used in hospitals. In addition, a prototype pathology-sample traceability information system was built assuming the conditions extracted during the inspection of the pathology laboratory in cooperation with the Osaka Medical Association Medical Center. Also, to prepare for commercialization, outside contractors were reviewed and selected, and a business model draft was prepared. In the R/D, a method for embedding RFID fibers during the container molding process was reviewed for prototyping a practical sample container, and a prototype sample container was fabricated according to the method. Subsequently, the fabricated container was tested for durability under water, alcohol, formalin, and paraffin, and it was confirmed that the reading performance does not vary substantially. To develop a practical reader, a simple and practical interface and an antenna with directivity suited for examinations were designed and prototyped based on the opinions of the pathology laboratory. The reading performance was tested using the prototype reader and the sample container embedded with an RFID fiber, and the test resulted in good outcomes. To develop a more compact and higher-performance IC tag, a compact RFID tag incorporating a 2.5 mm square UHF-band RFID chip leveraging printing technology was fabricated. Also, laser marking was evaluated and it was confirmed that the marking was an effective backup means for RFID. To get the information processing system ready for actual use, a software system incorporating security and volume control measures was built to save the data-entry labor by recognizing characters of the scanned order forms; read the IC tags automatically and monitor the IDs continuously to prevent errors; and place the processing status, work history, and other information per order under centralized control on a database to prevent errors and improve the operating efficiency/quality. The system was further improved to suit the actual on-site conditions and ensure the introduction effect through the field trial at the Osaka Medical Association Medical Center.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る