成果報告書詳細
管理番号20150000000718
タイトル平成26年度成果報告書 NEDOプロジェクトの事前評価に資する特許・論文調査分析手法に関する基礎調査(3)調査報告書 今後のNEDOが実施するべきサイエンスデータ・データベースの整備方針に係る戦略的提言
公開日2016/2/3
報告書年度2014 - 2014
委託先名公益財団法人未来工学研究所
プロジェクト番号P09018
部署名技術戦略研究センター
和文要約1.背景・目的
新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下、NEDO)において実施されているプロジェクトは、産学官の連携のもと、実用化までには中長期の研究開発期間を要するような開発投資リスクが高く、一般企業では投資判断を下し難い研究テーマを対象としている。特に、NEDOでは、原資が税収入であることから、研究開発プロジェクトとして設定される開発目標や目標達成までの道程に「産業競争力の強化」や「新エネルギー等に関する政策課題の解決」に結びつくことを要件とし、かつ的確なプロジェクト体制づくりを行うなどの方策によって研究開発を推進してきた。一方、国内外の経済や産業界の動向は従来以上に速いスピードで変化していることから、これらに対応したプロジェクトマネジメントを行っていくことが必要である。
本調査では、NEDO における今後の研究開発プロジェクト原案の企画・立案における実効的なプロジェクトマネジメント上に必要なデータ基盤の構築を行ううえで、今後のNEDO がデータ整備に関連して対応が求められる施策及び具体的なデータ仕様のあり方などの検討を行った。

2.検討方策
本調査では、NEDO の技術戦略策定を行う際に必要となるデータ基盤の整備方針を定めるための基本構想の策定に向けて、NEDO 版データバンクの全体像を構想・基本設計についての検討を行うための「データ基盤整備助言委員会」を組織し、検討を行った。当該委員会の検討では、諸外国の動向を踏まえながら、データ基盤整備の基本的なあり方について議論を行い、幅広く意見を聴取する場を設けた。具体的には、ガバメント・オープンデータ、データ駆動型科学の時代における資金配分機関におけるデータに関する基本戦略である。各回における検討項目は下記のとおりである。

(第1回委員会)
・NEDOにおけるデータ基盤整備の取組み
・データ基盤整備に関する論点
(第2回委員会)
・データ基盤整備の取組み状況
・今後のNEDOにおけるデータ基盤整備の方策

3.検討結果
今後、NEDOにおいて、サイエンスデータ・データベースの整備方針に係る戦略的提言として、以下の論点が示された。
(1)技術戦略策定のための特許・論文の分析手法のあり方、基盤整備
・複数の手法・データベースの組合せによる特許・論文分析の実施
・NEDO整備データを活用した分析の実施
(2)NEDOにおける特許・論文データの管理・整備のあり方(学術情報の流通)
・過去分データの整備と今後発生するデータへの対応方策(データの規格化、標準化対応)
・他の資金配分機関との連携促進(他の機関とのノウハウの共有)
・論文謝辞の記載の統一化等の制度運用
(3)NEDOにおける特許・論文データの管理・整備のあり方(特許分析)
・NEDOバイ・ドール調査による特許データを活用した分析
(4)オープンデータ・オープンサイエンス等、研究成果に関するデータ基盤・システムの国内外の標準化動向の把握・対応
・データ基盤・システムの標準化・デファクトへの対応
・資金配分機関としてのデータの公開
・技術マネジメント機関における研究関連データ管理の将来像(研究途中の実験データ等の管理を含め、機構と事業者間で事業終了後にも及ぶデータ構築・管理の体系的な仕組み・ポリシーの検討の必要性)
英文要約1. Background and purpose
Economic and industrial trends are changing at a much greater pace than ever before, both in Japan and overseas, so there is also a need for project management that can respond to such changes.
In this survey, New Energy and Industrial Technology Development Organization (NEDO) examined measures and concrete data specifications that NEDO will be required to meet in relation to data development when building the necessary database for practical project management in the planning and formulation of future research and development proposals.

2. Examination methods
In this survey, NEDO conducted the examination through the Database Development Advisory Committee established to look into the overall concept and basic design of the NEDO databank, with a view to drawing up a basic plan for setting the database development policy necessary for formulating NEDO’s technical strategies. The Committee discussed the fundamentals of database development in the light of overseas trends, and established the means for assembling a broad range of opinions. Specifically, the Committee looked into basic strategies concerning data in funding organizations in the era of government open data and data-driven science. The following are the items examined at each Committee meeting.

(1st Committee meeting subject)
Database development in NEDO,
Issues regarding database development,
(2nd Committee meeting subject)
Progress of database development,
NEDO’s future database development policy,

3. Findings
The following issues were raised as future strategic recommendations for NEDO relating to science data and database development policies.
(1) Methods of analysis of patents and research papers for the formulation of technical strategies, and base development
Analysis of patents and research papers by a combination of multiple methods and databases,
Analysis using NEDO-developed data,
(2) Management and development of patents and research paper data at NEDO (distribution of academic information)
Development of past data and measures for handling future data (data standardization),
Promotion of collaboration with other funding organizations (sharing know-how with other organizations),
System operation, including standardization of research paper acknowledgment entries,
(3) Management and development of patents and research paper data at NEDO (patent analysis)
Analysis using patent data under "NEDO Bayh-Dole survey",
(4) Understanding and responding to domestic and overseas standardization trends in databases and systems concerning research findings, including open data and open science
Standardization and de facto standards of databases and systems,
Release of data by way of funding organizations,
Future of research-related data management in technology management organizations (necessity for examination of systematic frameworks and policies for data construction and management that also extend after the completion of a project between NEDO and the contractor, including management of experimental data during research).
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る