成果報告書詳細
管理番号20150000000779
タイトル平成25年度成果報告書 省エネ型膜分離活性汚泥法(MBR)技術の開発
公開日2016/2/20
報告書年度2009 - 2013
委託先名株式会社クボタ
プロジェクト番号P09011
部署名環境部
和文要約活性汚泥による生物処理と膜による固液分離処理を組み合わせた膜分離活性汚泥法(MBR)技術は下水及び産業廃水を高度処理したり、処理水を再利用したりする場合に必要な要素技術である。本事業では、省エネ型MBR技術の開発に取り組むことで、MBRシステム全体の消費エネルギーを従来比40%削減する。本研究開発では省エネ型膜分離活性汚泥法(MBR)技術の開発に向けて、3つの研究開発課題(a)膜素材・膜孔径の最適化、(b)膜洗浄手法の効率化、(c)水処理システム全体の効率化に取り組み、最終目標としてMBRシステム全体の消費エネルギーを従来比40%削減することを目指した。最終的に、下水実証試験において、コンパクト性を向上した新型膜ユニットを用いた運転を行い、1)運転Flux 0.8ー1.0m3/m2/d、膜洗浄空気量43ー62%削減によりブロワ動力を削減、2)サイフォンろ過、エアリフト循環の採用でポンプ動力を省略などの省エネ施策により、MBRシステム全体の消費エネルギーを従来比43%削減し、最終目標を達成した。今後は水質規制強化や既設更新の需要が高い北米・欧州等地域、水需要の逼迫している中国等アジア・中東地域に対して、本プロジェクトで開発した膜ユニット製品やMBRシステムの販売を強化していく。
英文要約MBR, Membrane Bioreactor is a combined process of biological treatment and membrane separation. In this project, Kubota addresses three approaches, 1) Optimal membrane material and pore size, 2) Efficient membrane cleaning method and 3) Efficient wastewater treatment system for energy-saving MBR. The final target of this project is to reduce the energy consumption of total MBR system by 40% by FY2013 compared to our current MBR system. Demonstration test using the new membrane unit for treating sewage proved improved energy efficiency as follows:1)Operational flux 0.8-1.0m3/m2/d,2)Energy consumption of the blower reduced by operating with 43-62% reduced air for membrane cleaning,3)Eliminated the need for pump power by introducing siphon filtration and air lift circulation. As a result it was confirmed that overall energy consumption of the system could be cut by 40%, which is the final target rate.In the future, enhance marketing of this membrane unit and MBR system in North America and Europe with tightening water quality regulations and high demand for renewal of treatment facilities as well as in Asia (including China) and Middle East where meeting water demand is a pressing issue.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る