成果報告書詳細
管理番号20150000000785
タイトル平成26年度ー平成27年度成果報告書 国際エネルギー消費効率化等技術・システム実証事業 実証要件適合性等調査 廃棄物エネルギー有効利用技術システム (フィリピン国) 実証事業に関する調査
公開日2016/3/1
報告書年度2014 - 2015
委託先名日立造船株式会社 株式会社エイト日本技術開発
プロジェクト番号P93050
部署名新エネルギー部
和文要約フィリピン国(比国)では、共和国法RA9003「エコロジカル固形廃棄物管理法(2001年施行)」により地方自治体が廃棄物の処理責務を負っている。都市ごみの処理方法は直接埋立が一般的であり、重量比約60%を占める有機性廃棄物を直接埋立することは、腐敗臭、浸出水による水質汚濁、埋立メタン発生に伴う火災や温室効果ガスの排出源として問題となっている。また、廃棄物管理を管轄する環境天然資源省(DENR)が指定する埋立処分場は郊外に立地するため、都市域で発生した廃棄物は毎日数十kmの距離を越境運搬している。
この状況を改善するため、RA9003では自治体に発生ごみの25%以上の資源回収を義務付けたが、施行後15年経つ現在でも殆どの自治体で達成できていない。資源回収方法には自治体やインフォーマルセクターによる有価物回収と生ごみ堆肥化方式があるが、生ごみ堆肥の殆どは採算が取れず閉鎖した施設も多く存在する。なお、日本で一般的な焼却技術は、共和国法RA8749「大気浄化法(1999年施行)」で規定される「Ban of Incineration」と呼ばれる非管理下での焼却禁止条項により、これまで同国では採用されていない。

焼却処理が現状採用されていない比国廃棄物市場に対し、日立造船が保有するメタン発酵技術(WTMシステム)を導入し、都市ごみの過半を占める生ごみの資源化を行うことで、埋立処分量の削減、処分場延命化、処分場周辺の衛生環境改善、廃棄物の越境運搬に係る費用の削減への貢献を考えている。
今年に入り、焼却を含むいくつかの廃棄物エネルギー化技術評価をフィリピン国家経済開発庁(NEDA)が開始、近い将来ガイドライン化されることが期待されている。WTMシステムを導入し水分の高い生ごみを取り除くことは、廃棄物発電施設導入時の課題となる発熱量の向上が期待できるため、日本企業が得意とする廃棄物エネルギー化技術の導入可能性を高めることにつながると考えられる。

本調査では、WTMシステム導入に係る法的枠組を整理し、実証事業の場所、相手国カウンターパート、都市ごみ排出者、エネルギー利用者等を特定、具体的な実証事業スキームの立案を行った。
マニラ首都圏から北西約130kmに位置するターラック市ルイシタ工業団地内にWTMシステムを建設、市が収集し40 km離れた処分場に運搬・埋立処分している生ごみを受け入れ、発電と液肥生産を行う。実証事業を通じて、生ごみ処理の効果、施設の安定性、液肥の有効性を現地パートナーや政府機関と確認する。

本調査期間中には、他の自治体や処分場管理者からの引き合いもいくつかあった。実証期間を通じ、これら新規案件の開発・交渉を進め、2号機以降の展開に繋げていく予定である。
比国の廃棄物市場は近年の経済成長、環境意識の高まり、処分場のひっ迫等の現状から今まさに転換点にある。焼却や他の技術認証が行われる直前のこのタイミングで、本調査により関係者との連携を深め、実証機を導入してその効果検証を二国間で行うことは、今後の日比間での廃棄物、再生可能エネルギー分野、循環型農業の振興にとって大変有効なものと考える。
この機会を有効に活用し、隣国フィリピンの廃棄物分野における日本の貢献の礎となるよう、真剣に取り組んでいきたい。
英文要約In Republic of the Philippine, solid waste management (SWM) is governed by Republic Act 9003 “Ecological SWM Law (2001)”, in which, Local Government Units (LGUs) have the responsibilities for SWM generated in their boundaries. At present, the common way of the municipal solid waste (MSW) treatment is landfilling. Dumping the biodegradable waste, which consists more than 60% of total MSW, into the landfill cuases the significant problems such as odor, water pollution by leachate, firing of combustible landfill gas and global warming. Since the landfills designated by Department of Environment and Natural Resources (DENR) are usually located in isolated area, waste in urban area shall be transported to landfills for some dozen of kms every day.
To improve the situations, RA9003 regulates LGUs to recover the 25% of generated waste by material and/or energy recovery, however, most of LGUs doesn’t meet it even 15 years after enforcement. While the common recovery ways are material recovery for valuables and composting for biodegradables, most of compost products is not able to sell and many composting faciities are already closed. Additionally, incinerators commonly used in Japan is not employed in Philippines because of “ban of Incineration” clause of RA8749 “Clean Air Act”, which prohibits the uncontrol incinerator.
Under such circumstances, Hitz plans to contribute these problems by introducing patented methane fermentation technology named “WTM System (Water needless Two-phases Methanation System)” in Philippines. In this year, National Economic Development Authority in Philippines (NEDA) has started a study for several Waste to Energy (WtE) technologies including incinerator. Removal of high humidity biodegradable wastes by WTM system results higher calorific value of SW, therefore, it is also expected to bottom up the WtE market in Philippines.

In this study, Hitz/EJEC have investigated legal frameworks for introduction of WTM system and developed implementation scheme of NEDO Model Program in terms of locations, local partners, MSW generators, energy off-takers, etc.
The planning project is; (1) Install WTM system in Luisita Industrial Park (LIP), Tarlac City, where 130km northwest from Metro Manila, (2) Facility accepts approx. 50 t/day of biodegradable waste from Tarlac City (presently hauling to 40km away), and (3) Produce electricity and liquid fertilizer.
Throughout the NEDO Model Program, Hitz/EJEC together with local partners (Calata, City, NEDA, DENR, Dept. of Agriculture, etc.) shall examine the effectiveness of biodegradable waste treatment, stable operation, and validity of liquid fertilizer.

Other municipalities and landfill owners have expressed the interests for the joint-implementation of same kind of project. Hitz/EJEC will conduct the other studies for 2nd and 3rd commercial projects during the NEDO model program.

Definitely, now is the terning point in Philippines waste market because of rapid economic growth, raising environmental awareness, limitation of landfill capacity, etc. Having actual demonstration facility under the bi-lateral agreement is quite important in this timing to create more tighten relationships in the fields of waste management, renewable energy development and recycling agro-industry.
We would like to be a foundation for the future collaboration in waste management fields between neighborring country Philippines and Japan in this opportunity.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る