成果報告書詳細
管理番号20150000000808
タイトル平成26年度成果報告書 未来医療を実現する先端医療機器・システムの研究開発 安全性と医療効率の向上を両立するスマート治療室の開発(2)
公開日2016/2/20
報告書年度2014 - 2014
委託先名国立大学法人広島大学
プロジェクト番号P14008
部署名ロボット・機械システム部
和文要約我々の施設は、本プロジェクトにおいて、スマートサイバー治療室(SCOT)を最初に導入する施設として、「SCOTのインテグレーションと評価」を担当する方針となった。平成27年度末の広島大学へのSCOTの導入を目指し、平成26年度は東京女子医科大学、株式会社セントラルユニ、株式会社日立メディコ、ミズホ株式会社と連携し、広島大学内での環境整備、具体的な図面作成、工期計画を確立することを目標とした。
 これに向けて広島大学内で、「広島大学へのSCOT導入に関わるワーキンググループ」を立ち上げた。ワーキンググループは計4回開催し、実際の治療室運用において必要な改修工事およびその工期、導入設備、導入医療機器、治療室の最終的なレイアウト(手術時の動線も含め)について検討を行った。さらに改修工事に関しては、将来的に本プロジェクトの重要なコンセプトであるOPeLiNKも導入できるよう、導波管、電源設備等のレイアウトについても、拡張性を意識した配置となるよう検討を重ねた。
 ワーキンググループでの検討を経て、最終的な治療室レイアウトを作成した。また、実際の手術時の具体的な動線に関しては、東京女子医科大学にすでに導入されているインテリジェント手術室を参考にし、図面上でのシミュレーションも行った。
英文要約In the present project, as the first facility to be introduced the smart cyber operating theater (SCOT), our university was responsible for “Integration and evaluation of SCOT”. With the aim of introduction of SCOT to Hiroshima University in February, 2016, we aimed environmental improvement in Hiroshima University, concrete drafting, and establishment of a work period plan, in cooperation with Tokyo Women's Medical University, Central Uni corporation, Hitachi Medico corporation, and Mizuho corporation. (Cooperation or Corporationー)
 In order to achieve these goals, we have launched the "Working group involved in the SCOT introduction to Hiroshima University". The working group held a total of four times. We discussed the required repair work in the actual treatment room operation, the construction period, the introduced equipment, the introduced medical equipment, and the final layout of the treatment room (including flow line at the time of surgery). With regard to the repair work, we carefully examined the layout of waveguide and power supply equipment to introduce “OPeLiNK” which is a crucial concept in the present project.
 Through the discussion of the working group, we have created the final treatment room layout. Regarding the actual concrete flow line during operation, we have modeled the intelligent operating room that has been introduced into Tokyo Women's Medical University, and have a simulation on the draft.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る