成果報告書詳細
管理番号20150000000810
タイトル平成26年度成果報告書 未来医療を実現する先端医療機器・システムの研究開発 安全性と医療効率の向上を両立するスマート治療室の開発(4)
公開日2016/2/20
報告書年度2014 - 2014
委託先名ミズホ株式会社
プロジェクト番号P14008
部署名ロボット・機械システム部
和文要約本研究開発では「スマートサイバーオペレーティングシアター(SCOT:Smart Cyber Operating Theater)」の重要な構成要素となるインテリジェント手術台及びインテリジェント電気メスの開発が実施された。
手術台には「OPeLiNKとの接続」、「安全な患者移動」、及び「病巣中心の動作」の新しい機能が要求され、今年度は特に「安全な患者移動」に注力して、より安全な患者移載システムを検討し、新しい患者移載機構を有する手術台テーブルトップの設計試作を行った。また、「OPeLiNKとの接続」及び「病巣中心の動作」に関しては次年度以降に効率的に研究開発できる様に今年度は準備を進めた。
電気メスは標準的機能の既存製品を対象にOPeLiNKと接続し、電気メスの出力モードの設定を外部へ出力し外部モニタなどに表示できる外部通信インタフェースの研究開発を行った。出力画面を表示することで、術中に全ての医療スタッフが現在の設定内容を容易に確認することが可能となり、術中に使われたモード、出力値及び時間の履歴を記録することも可能となる。
本研究開発では安全性の向上と医療スタッフの労力軽減を目的として、今年度は計画通りの研究開発を実施できた。次年度以降も全体計画に沿って研究開発を進める予定である。
英文要約The intelligent operating table and the intelligent electric scalpel were developed as important components of surgical equipment of SCOT (Smart Cyber Operating Theater) in this study.
The intelligent operating table requires new functions: "Connection to the OPeLiNK", "Safe patient transfer", and "Centrically moving at the surgical area". With a focus on "safe patient transfer" in particular, a new system with safer patient transfer mechanism was developed. The design and manufacture on trial of the table top equipped with the new patient transfer system was carried out. In addition, preparations were steadily advanced in order to efficiently proceed the development of "Connection to OPeLiNK" and "Centrically moving at the surgical area" in the following years.
The "Connection to OPeLiNK" for the electric scalpel of the standard function was developed this year. The control of surgical mode and power can be displayed on the monitor in an operating room. The display of the control screen enables all of the medical staff to easily confirm the current settings during the surgery. The recording of the mode used during the surgery, the output values, and the time history becomes available.
The purposes of this study are the improvement of patient safety and the labor reduction of the medical staff. The research and development plan was carried out as scheduled this year. This study will be continued sequentially along the entire plan after the next year.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る