成果報告書詳細
管理番号20150000000813
タイトル平成26年度成果報告書 未来医療を実現する先端医療機器・システムの研究開発 安全性と医療効率の向上を両立するスマート治療室の開発(5)
公開日2016/2/20
報告書年度2014 - 2014
委託先名日本光電工業株式会社
プロジェクト番号P14008
部署名ロボット・機械システム部
和文要約件名:平成26年成果報告書 未来医療を実現する先端医療機器・システムの研究開発/安全性と医療効率の向上を両立するスマート治療室の開発

要約

2-1 MRI対応生体情報モニタの開発 
・脳外科手術室での生体情報モニタリングの要求仕様の調査を行い、呼吸モニタリングの重要性と、無線モニタリングの利便性について把握した。
・モニタ本体に関して
 MRIの許容される放射ノイズレベルの計測実験を行い、設計目標を定めた。また、現行モニタ(MRI非対応)の、MRI画像に対してノイズを与える周波数帯でのEMC試験を行い、問題点を把握した。
・モニタのセンサ部分に関して
・MRI対応(熱傷・吸着対策)のSpO2プローブの試作を行い、MRI撮影下におけるセンサ、プローブの温度上昇試験を行った。現在SCOTで想定しているオペ室での使用に対して、温度上昇および吸着の問題がないことを確認した。
・無線式呼吸センサの試作を行い、MRI撮影下での動作試験を行った。現在SCOTで想定しているオペ室での使用に対して、送信機部分の吸着およびMRI画像に対するノイズの問題がないことを確認した。
・主要なバイタル情報(呼吸・循環・体温)のデータ出力方法を検討し、簡易HL7GWの試作を完了し、デンソー社に提供した。

2-2 がん迅速診断支援装置の開発
・薬事戦略を検討し、厚労省とPMDAに薬事申請に関する相談を行い、薬事申請の方針を固めた。
・薬事申請用の評価試作機を完成した。
・海外(ロシア)の市場調査を行った。
・OPeLiNK対応について仕様検討を行い、通信ソフトを試作した。

2-3 神経機能検査装置の開発
・要求仕様を検討し、出力項目を決定した。
・OPeLiNK対応についてデンソー社と仕様の検討を行った。
英文要約Title: Research and Development of Advanced Medical Devices and Systems to Achieve the Future of Medicine/
Development of a Smart Treatment Chamber for the Improvement of Both Medical Safety and Efficiency(FY2014)

Abstract

2-1 Development of MRI-compatible patient monitor 
- We searched the requirement specification for patient monitoring in the neurosurgical operating room and gained the understanding of the importance of respiratory monitoring and the convenience of wireless monitoring.
- The main units of the patient monitor
We measured the emission noise level by which MRI is permitted, and set up a design intention. We have also conducted EMC test under frequency band which gives a noise to the MRI image of the current monitor (non-compatibility to MRI) and found out the problem.
- The sensor part of the patient monitor
- We created SpO2 probe with MRI compatibility (it was taken measures for about the thermal burn and adsorption) as an experiment and conducted temperature rise test for the sensor and probe during MRI scan. We confirmed that there was no problem of a rise in temperature and adsorption to use it in the operation room of SCOT.
- We made the wireless respiration sensor as an experiment and conducted operation test under MRI photography. Regarding adsorption of a transmitter and the noise for MRI image, we confirm the result is satisfactory and the sensor can be used in the operation room of SCOT.
- We considered the data output procedure of main vital information (respiration, circulation, and body temperature), completed the trial production of simply HL7GW and provided the data to DENSO Corp.

2-2 Development of High DNA content measuring flow cytometer for Intraoperative Rapid Diagnosis Support of Glioma Tissue
- We discussed the regulatory-affairs strategy, consulted with the Ministry of Health, Labour and Welfare and PMDA regarding regulatory-affairs application, and made a plan for the application.
- We completed the evaluation prototype for the regulatory-affairs application.
- We carried out overseas (Russia) market research.
- We discussed specification about communication with OPeLiNK, and created prototype of communication software.

2-3  Development of intraoperative monitoring systems (MEP/SEP)
- We considered the requirement specification and defined the output item.
- We considered the applicable specification on OpeLiNK with DENSO Corp.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る