成果報告書詳細
管理番号20150000000815
タイトル平成26年度成果報告書 未来医療を実現する先端医療機器・システムの研究開発 安全性と医療効率の向上を両立するスマート治療室の開発(7)
公開日2016/2/20
報告書年度2014 - 2014
委託先名東芝メディカルシステムズ株式会社
プロジェクト番号P14008
部署名ロボット・機械システム部
和文要約開発要素の確定作業を行った。このために、既存のポータブル型外科用X線撮影装置と市販の定位脳手術装置を組み合わせて、穿刺支援の原理確認実験系を構築した。そして、位置合わせ機能、穿刺誘導機能の原理確認実験を実施した。さらに、X線装置による誘導技術を実現するのに必要な数理理論と要素ソフトウェアについて検討した。
英文要約We investigated and fixed development elements necessary to construct the final system. We combined a portable X-ray imaging devide for surgical use with a stereotactic neurosurgical equipment and built the experimental system, then we confirmed principles of the registration function and the puncture guide function by experiments. We also reseached a mathematical theory and element software technology necessary to construct the puncture guide function using X-ray imaging device.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る