成果報告書詳細
管理番号20120000000894
タイトル平成23年度成果報告書 情報収集事業 ミャンマー国における無電化村向け自立電源システム導入の基礎調査
公開日2016/3/8
報告書年度2011 - 2011
委託先名株式会社ニュージェック 株式会社環境総合テクノス
プロジェクト番号P09018
部署名国際部
和文要約件名:平成23年度 「ミャンマー国における無電化村向け自立電源システム導入の基礎調査」 委託業務成果報告書和文要約書
系統電力網の延伸が進みにくい地方において、バイオマスをはじめとする再生可能エネルギーによる発電技術を使用した小規模電力供給システムの導入・普及をねらいとして調査を実施した。地産地消の発電技術を適用するとの観点から、エネルギー資源賦存の地域特性を調査するとともに、そこで適用する電源技術について調査し、無電化地域の電化用自立電源としての可能性を検討した。さらに、それらの電力供給システムを使った地方電化の推進政策について検討した。結果は下記のとおりである。
(1)活用できる再生可能エネルギー資源について
 ミャンマーでは、エネルギー政策により石油系燃料の節約と燃料用木材の使用制限が行われている。一方、バイオマス資源を種類・量ともに多く産出しており、なかでももみ殻が広い地域で安定的に供給可能である。バイオディーゼル燃料(BDF)として精製可能なジャトロファ種子は、国家全体で栽培に取り組んだ時期はあるが、現在では中部乾燥地域の農村で自家用作物として栽培されている程度である。この地域では、ジャトロファ油のBDF精製技術が確立され、BDF流通インフラが整備されれば、地方電化用の有望な燃料となり得る。太陽光は、気候・天候の影響を受け供給量に変動はあるものの、全地域において容易に入手可能であることから、発電用エネルギー源として有効に活用できると考えられる。水力資源は、雨季と乾季の雨量の格差が大きいことから、年間をとおして安定した供給を得るには貯蔵施設等の対策が必要である。風力エネルギーは、全国土で風況が悪いことから電化のための主要電源とはなり難い。   
(2)電化用電源システムについて
 エネルギー供給が全国で可能であり、発電システムもシンプル・低コストであることから、電化の初期段階で導入する方式として、太陽光発電所による電化システムを提案した。このシステムは、コスト低減と後年度の保守負担軽減のため、電力貯蔵装置は省略している。したがって、供給信頼度は犠牲にしている。しかし、太陽光発電の出力があればその範囲で供給を継続すべく、配電自動化システムを導入することにより、重要負荷には可能な限り優先的に供給を継続するシステムとしている。
 地域によっては、もみ殻を燃料とするのが適切な場合がある。この場合、燃料収集の容易さから、発電所は精米所に併設するのが望ましい。現在、動力源に系統電力が使われていない(ディーゼルまたはもみ殻ガス化等が使われている)精米所は、約7000か所である。電化用電源の所用容量は小容量であることから、発電方式は、もみ殻ガス化発電が適している。ただし、廃棄物(燃焼灰・タール)の処理技術あるいは処理方法(社会的な仕組み)は未確立であり、大規模な普及にはこれらの整備が必要である。
(3)電化促進政策の提案
 ミャンマー国における最近3年間の電化の進捗率は、1.3%/年程度で推移しており、2011年現在の世帯数の電化率は26%である。このように電化が促進されない要因は、地方電化を主体的に実施するための組織があいまいであり、行政における資金も不足していることによるものであると考えられる。そこで、その対応策として、行政(地方自治体)による電化組合組織化の指導と支援環境の整備、ならびにそれに伴う資金調達への金融政策による支援を行うことにより、電化事業の着手を容易にする政策を提案した。
以上

英文要約Title: Baseline Study on Introduction of Independent Power Supply System in Non-electrified Village in Myanmar (FY 2011)

To identify the electric power supply system in the rural area where the electrification by extension of power system network is difficult, this study was carried out for the introduction and dissemination of the small scale power supply system utilizing the generation technologies such as renewable energy including biomass.
(1)Renewable Energy Resources to be utilized
In Myanmar, by the energy policy of the government, the economization of oil related fuels and the restriction to use woods as fuel are implemented. On the other hand, Myanmar is rich in biomass resources in terms of its kinds and volume, especially the rice husk is available in a wide area and is stably supplied. Jatropha seeds which can be refined as Bio Diesel Fuel (BDF) were once cultivated in the whole country, however, it is now only cultivated in the limited area of rural villages in the central dry land. If the refine technology of BDF of Jatropha oil were developed and the distribution system of BDF were established in this area, it will be a promising fuel for rural electrification. PV(photovoltaic) generation is considered to be prospective as the energy resource though the generation is fluctuated by the influence of climate and weather conditions, because it is readily available at any places.
(2)Power Supply System for Electrification
A PV Power Generation System is proposed as the type of power source to be introduced in the initial stage for dissemination of rural electrification, because the energy supply is possible at any places in the country and the generation system is simple with low cost. The proposed system omits the power storage device to reduce the costs of system itself and maintenance in the future. Therefore, it sacrifices the supply reliability. However, with the output of PV generation, the continuous supply for the important load is kept as long as possible by introducing distribution automation system.
(3)Proposal for Promotion Policy for Electrification
The progress rate of electrification in the last three years in Myanmar varies at the rate of about 1.3% per year. The household electrification rate as of the Year 2011 is 26%. The reason why the electrification is not accelerated is that the agency or organization for implementing the rural electrification is very ambiguous. And further the luck of fund in the administrative body (local government) is considered to be one of the reasons, too. As the countermeasures, the policy which enables the electrification project smoothly is proposed, i.e. 1) Establishment of electric cooperative and its guidance, 2) Development of support environment, and 3) Support by financial measure for raising fund.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る