成果報告書詳細
管理番号20150000000026
タイトル平成25年度成果報告書 平成23年度採択先導的産業技術創出事業 11B15004d 透明導電パターンフィルム向け低温焼成ナノインクの開発 平成25年度中間
公開日2016/3/10
報告書年度2013 - 2013
委託先名国立大学法人東北大学蟹江澄志
プロジェクト番号P00041
部署名イノベーション推進部
和文要約本期間では主に,立方体型やロッド状など,形状の異なるATO ナノ粒子の合成法を確立することができた.得られた ATO ナノ粒子は圧粉体抵抗値が低いものでも 101 Ω cm台であり,期待した抵抗値を示さなかった.一方,ATO ナノロッドのガスセンサ特性評価を行ったところ,湿潤雰囲気においてエタノールに対する高感度センサとなることが明らかとなり,特許出願を行った.さらに,メタノールを用いた GZO ナノ粒子の直接合成法を確立した.得られた GZO ナノインクから得た薄膜は,抵抗値 5.9×10-3 Ω cm, 透明性 98% 以上,ヘイズ 1% 以下と極めて優れた特性を示した.しかしながらこの際の焼成温度は 500 ℃ であり,低温焼成性の付与がやはり本質的に必要不可欠にある現状を再認識した.
英文要約In this period, ATO nanoparticles with cubic- and rod-shapes were successfully obtained by a hydrothermal method. The resistivity of the ATO nanoparticles were about 101 Ω cm. However, the ATO nano-rod exhibited high gas-sensing ability against to EtOH. On the other hand, GZO nanoparticles were obtained by a solvothermal method using MeOH. The GZO thin films prepared by the ink-coating method showed low resistivity (5.9×10-3 Ω cm), high transparency (~90%), and low haze property (~1%). However, these performance were obtained by sintering at 500 °C. Further investigation for the introduction low sintering ability into TCO-nano-ink is essential for the final goal of the present research.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る