成果報告書詳細
管理番号20150000000027
タイトル平成25年度成果報告書 平成23年度採択先導的産業技術創出事業 11B12007d 選択的オルガネラ形質転換法の開発によるバイオ物質の大量生産 平成25年度中間
公開日2016/3/10
報告書年度2013 - 2013
委託先名独立行政法人理化学研究所沼田圭司
プロジェクト番号P00041
部署名イノベーション推進部
和文要約ミトコンドリアへの移行配列を有するペプチドと細胞膜透過配列を有するペプチドを組み合わせることで、プラスミドDNAを選択的にミトコンドリアへ導入することに成功した。また、プラスミドDNAに加えてPCR産物である二重鎖DNAの導入にも成功した。一方で、湿潤法によるPHA合成遺伝子群の導入では、顕著な生産性を達成できなかったため、ペプチドと遺伝子から成る複合体を別の方法で導入することを試みた。その結果、安定的な導入および発現が可能であることを明らかとした。
英文要約We successfully introduced pDNA into plant mitochondria using mitochondria transit peptide and cell penetrating peptide in addition to polycation sequence. dsDNA was also successfully introduced into plants via peptide-based gene carriers. We have tried to introduce PHA synthetic genes into plants by infiltration of the complexes, however, the transfection efficiency was not improved very much. To enhance the efficiency, we developed a new method to introduce the peptide-DNA complex, resulting in preliminary successful stable transformation.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る