成果報告書詳細
管理番号20150000000044
タイトル平成25年度成果報告書 平成23年度採択先導的産業技術創出事業 11B11005c 有機薄膜太陽電池用素材の製造コスト低減と高純度化を達成する重縮合反応の開発 平成25年度中間
公開日2016/3/25
報告書年度2013 - 2013
委託先名国立大学法人筑波大学桑原純平
プロジェクト番号P00041
部署名イノベーション推進部
和文要約これまでに確立してきた高分子量化と高純度化が可能な合成手法を、高い光電変換効率が期待できる材料の合成に応用した。具体的には、太陽光エネルギーを効率良く補修できる広い吸収領域を有する高分子や、高いキャリア移動が期待できる結晶性高分子の合成が可能になった。また、より広範囲な高分子材料の合成に本手法を利用できるように、反応条件を最適化するための指針を確立した。この成果によって、用いる原料の化学構造から適した反応条件を推測することが可能になり、迅速な最適化が可能となった。また、本研究から派生した成果として、共役高分子からなるマイクロサイズの球状構造体から共鳴発光現象が観測された。非常に簡便な操作によって得られる球状構造体がマイクロ共振器として機能することから、今後の応用が期待できる基礎的知見が得られている。
英文要約High-potential polymer materials were prepared by the established method which could afford a high-molecular-weight and highly pure polymer. For instance, this method provided polymers with a wide absorption area for efficient solar energy absorbance. In addition, highly-crystalline polymers were also obtained by this method. For expanding the application range of the method, principle for optimization of reaction conditions was investigated. These results allow to estimate optimized conditions from substituents on reactants. Unique emission behaviors of conjugated polymer microspheres were investigated as a spin-off project. The microspheres show sharp and periodic emission lines by laser pumping. Since these polymer microspheres can be fabricated by a simple procedure, wide application are expected in terms of lasing and light-harvesting.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る