成果報告書詳細
管理番号20150000000050
タイトル平成25年度成果報告書 平成23年度採択先導的産業技術創出事業 11B13001d 窒素除去・温室効果ガス発生削減に寄与する細菌群の選択培養技術をコアとする低コスト・省エネ型排水処理プロセスの構築 平成25年度中間
公開日2016/3/9
報告書年度2013 - 2013
委託先名国立大学法人東京農工大学寺田昭彦
プロジェクト番号P00041
部署名イノベーション推進部
和文要約半導体製造工場の洗浄工程から排出される高濃度アンモニア含有排水処理試験を行い、窒素負荷1.5 kg-N/m3/dayにおいても安定したアンモニア除去・亜硝酸蓄積が行えることを明らかにした。また、このリアクターを100 Lにスケールアップし、容積窒素負荷0.4 kg-N/m3/dayにおいて、安定したアンモニア除去・亜硝酸蓄積を達成した。同工場の現像工程で排出される水酸化テトラメチルアンモニウム(TMAH)を有機物として用い、硝化反応で生成された亜硝酸を電子受容体として用いた脱窒性能の検討を行い、TMAHの分解が可能であることを示した。さらに、前年度で明らかにした新規N2O生成経路を組み込んだモデルの構築を行い、硝化反応からのN2O生成を正確に評価可能になった。
英文要約A sequencing batch reactor (SBR) technology was employed to remove high concentrated ammonia discharged from washing procedure in a semi conductor factory, achieving high nitrite buildup at a volumetric ammonia removal rate of 1.5 kg-N/m3/day. This reactor was scaled up to 100 L and this resulted in an increase in a volumetric ammonia loading rate of 0.4 kg-N/m3/day to stably remove ammonia and to build up nitrite. It is found that this nitrite can be denitrified with tetramethylammonium hydroxide (TMAH) as an electron donor, which is discharged from a developing process in a semiconductor factory. Furthermore, the mathematical model was developed by incorporating a hybrid N2O production pathway and this allowed more accurate estimation of N2O production.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る