成果報告書詳細
管理番号20150000000141
タイトル平成26年度成果報告書 地球温暖化対策技術普及等推進事業 チリにおける商業・産業部門のルーフトップ向け高効率太陽光発電システムプロジェクトの案件発掘調査
公開日2016/3/9
報告書年度2014 - 2014
委託先名株式会社日本総合研究所
プロジェクト番号P11013
部署名京都メカニズム事業推進部
和文要約本調査は、チリ及び南米各国にて事業を展開するコングロマリット企業であるA社が、サンティアゴ市南部のSun Bernardo区において、新たに建設する物流センターに太陽光発電システムを導入するプロジェクトの可能性を検討するものである。太陽光発電システムは世界的に見て普遍的な技術・製品であるものの、チリのルーフトップ向けの導入は非常に遅れており、知見、制度、経験などのあらゆる面で未発達な市場であるため、市場啓発の観点からもチリにおいて必要とされるプロジェクトである。
A社では自社建築物に対するLEED認証の取得を計画しており、本プロジェクトはLEED認証を取得するために必要とされる、年間40,000kWhの太陽光発電による発電量を確保するものである。同社はチリ国内に多くのショッピングセンター・モール等を保有しており、太陽光発電システムの潜在的な設置ニーズは大きい。また、チリは我が国と同様地震国であり、一定の重量物を屋根の上に乗せるルーフトップ型の太陽光発電システムについては、可能な限り軽量化し、単位重量当たりの発電量を最大化・効率化したいというニーズが存在する。
一方、日本の太陽光発電システムメーカーは、太陽電池モジュールの変換効率向上や耐久性の向上、PID現象への対応など効率と信頼性の向上に力を入れている。技術アドバイザーのパナソニックが持つHIT太陽電池モジュールの変換効率は世界トップクラス。設置面積に限りのあるルーフトップ向け用途では、日本メーカーが進めてきた効率と信頼性の向上は、顧客にとって大きな付加価値となる。
調査検討の結果、チリ政府・自治体による導入支援は期待できないものの、太陽光発電システム単体で、約11年で投資回収が可能となる結果となった。事業期間を20年とした時のROIは約31.3%である。また、調査によって新たに判明したニーズである「冬季ピーク期間特別料金削減」のための、蓄電池を絡めた太陽光発電システム導入プロジェクトの場合は、投資回収年数は約6年となる。
「主に自家利用を目的とした太陽光発電システムの導入事業」に適用可能なCDM方法論は、”AMS-I.F”の1つであり、同方法論は、適用条件の制限が少なく様々なプロジェクト条件に適用が可能である。したがって、MRV方法論は、AMS-I.Fを参考として検討した。想定排出削減量については、運転開始時期を2016年1月と見込んでおり、2020年までの5年間における排出削減見込量は112.4tCO2eとなった。また、プロジェクト期間を25年とするとプロジェクト期間全体の排出削減見込量は523.1tCO2eとなった。
本プロジェクトの事業化にあたっては、日本メーカー社とA社が、日本政府からの補助金等を活用し、太陽光発電パネルの導入を実施することを想定している。太陽光発電の運用開始後は、特定した方法論に基づき、日本メーカーとA社がMRVを実施していく。A社との協議が今後の課題であり、日本政府の有する支援・補助スキームの活用も念頭に、継続的に協議していくものである。
英文要約This survey is a feasibility study for developing the project to introduce the photovoltaic power generation system (PV system) to the new logistics center of “A” company. The company is a conglomerate company operating in Chile and other South America countries. Their new logistics center will be in Sun Bernardo, south of Santiago. Although PV system is a well-known technology and product, the introduction of the roof-top PV system to Chile is very late. Chile is the underdeveloped market in each aspect of experiences, knowledge, regulations and institutions. Therefore, this project is also important to Chile in terms of market awareness in Chile. “A” Company plans to acquire LEED certification for their each building. This project is to ensure the required 40,000kWh power generation from PV system for obtaining the LEED certification. Because the company owns many other shopping malls and distribution centers in Chile, their potential installation needs of solar power generation system is high. In addition, Chile is earthquake-prone country as well as Japan, Chilean companies plan to set up the lightweight roof-top PV system as possible. And also they want to maximize the amount of generated power from PV system efficiently. On the other hand, Japanese PV system manufacturers have been making effort to improve the conversion efficiency rate, durability, the PID phenomenon and reliability of the solar cell module. The conversion efficiency of HIT solar cell from Panasonic, as the technical advisor of this project, is the world highest class. The efficiency and reliability of Japanese solar cells has great value to the customers for roof-top PV system with the limited footprint. Based on our results of this research, the payback time of one PV system, in the case of 20 years project period, is about 11 years and the ROI is 31.3 percent. In addition, the payback time of the project of "special rates reduction in winter peak period" is about 6 years. Applicable CDM methodology for "introduction of PV systems for the self-consumption” is only "AMS-I.F". The methodology can be widely applicable. Therefore, we had studied the MRV methodology based on the AMS-I.F as reference. The amount of assumed emission reductions will be 112.4tCO2e for 5 years after operation in Jan, 2016. In addition, the amount of emission reduction will become 523.1tCO2e for 25 years project period. In the case of commercialization of this project, The PV maker and “A” Company will compose the international consortium. They will take the subsidies from the Government of Japan, and develop the project of PV system. After starting the operation of the PV system, the PV maker and “A” Company will implement the MRV based on the identified methodology. The future challenge is the project feasibility in details.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る