成果報告書詳細
管理番号20150000000170
タイトル*平成26年度中間年報 国際エネルギー消費効率化等技術・システム実証事業 実証要件適合性等調査 タイ国廃棄物処理の高度化に向けた調査(タイ)
公開日2016/3/25
報告書年度2014 - 2014
委託先名株式会社エックス都市研究所 北九州市
プロジェクト番号P93050
部署名国際部
和文要約1.調査の内容及び成果等 平成26年度の業務として、本調査に関するタイ側関係者とのキックオフミーティング(KOM)のための協議資料の準備、第一回現地調査としてのKOMの実施および平成27年度の調査作業に必要な現地コンサルタントへの委託業務に係る準備作業を行った。
(1)調査計画についての説明・協議
平成26年度調査の目的は、本調査の内容および工程等について、タイ側のカウンターパートである工業省工業局(DIW)と協議し、合意を得ることである。
工業省工業局(DIW)と協議した結果、タイ国側では6ヶ所の産業廃棄物処理団地と整備することは決定しているが、具体的な場所はまだ検討中であり決定していないことが判明した。一方、その計画の作成に資するためにも、日本側調査チームが検討・作成する「参考計画」(Reference Plan)が9月末を目途に必要であることが双方で認識され、「参考計画」の作成を9月末に提出することとして、作業工程を見直すこととした。また、特に相互にコミュニケーションが大事であることから、毎月、調査の進捗等を協議する実務者レベルでの定期ミーティング(AWL)を持つこととした。
特に、本調査の場合、DIWからの産業廃棄物処理に係るデータの提供が前提となること、その提供が遅れると全体のスケジュールが狂うことになるから、DIWからのそれらのデータ提供の確実性の確認を4月末に実施することした。
以上の協議した結果を踏まえ会議で提出した調査計画を修正した。なお、その修正調査計画について、DIW側の「本計画作成プロジェクトリーダー」の確認を取る手続きを進めた。
(2)その他ステークホルダーとの協議
本調査を実施する上でタイ国内の多くの工業団地を所管しているタイ工業団地公社(IEAT)とDIWの計画作成プロジェクメンバーと日本側調査チームで、調査実施に係る説明と協力を得るための会議を開催した。DIWからは、産業廃棄物管理計画(2015-2019)が説明され、この内容で閣議承認を求める予定であるとの説明があり、その中で産業廃棄物管理のための施設のグレードアップもあり、その点について日本側の協力も得ることとのアクションとして本調査があることをIEATに説明した。また、日本側調査チームからは本調査のアウトラインを説明した。IEATからは、本調査への協力の意思表明がされる一方で、既に一部地域で検討が進んでいるところもあることから、その点も調査の中で考慮するよう要請があった。
さらに、タイ国におけるステークホルダーの一つと位置付けられる天然資源環境省・公害管理局(PCD)を訪問、調査概要を説明後、質疑応答を行った。公害局管理側からは、同省が策定する固形廃棄物処理に関するロードマップに関する説明を受けると共に、本調査は、固形廃棄物ロードマップとも整合性のあるものである必要があること、ロードマップとは別に、公害管理局と工業局の間で共同作業体を創設しており、廃棄物に関する各種省令などを統合する作業を開始していることなどの説明を受けた。
(3)現地コンサルタントへの委託作業準備
平成27年度におけるタイ国内での作業を進める上で、現地コンサルタントの協力が不可欠であることから、現地コンサルタントに対して調査概要を説明、DIWが現時点で保有していると理解される産業廃棄物以外の情報(具体的には統合廃棄物処理施設・建設候補地確定後の対象地域関連、都市ゴミ関連、環境基準など)情報収集支援業務を主とする業務支援に対する見積もりを依頼し了解を得た。なお、新年度早々には、仕様書を作成、複数業者間からの相見積もりを経て、業者を選定する予定である。
英文要約Summary

FY2014 Project Feasibility Study on applicability of International energy efficient technologies and system - Study on Enhancement of Waste Management System in Thailand Study

1. Activities
 The Study implementation body consist of Kita Kyushu City and EX Research Institute Limited (EXRI) dispatched members of study team to Thailand in order to kick off the study from March 15 to March 21.  During the 1st visit, The Study Implementation Body organized 1st General Meeting with Dept. of Industrial Work (hereinafter referred as “DIW”), represented by Director General and reached an agreement on basic concept for the implementation plan of the study, followed by 1st actual working level meeting headed by Director, Industrial Waste Management Bureau and got an approval on framework for implementation of the study. Other than the meetings mentioned above, the Study Implementation Body visited, 1) Industrial Estate Authority of Thailand (hereinafter referred as “IEAT”), 2) Pollution Control Department (hereinafter referred as “PCD”), 3) NEDO Bangkok office, 4) JICA Thailand Office, 5) JETRO Bangkok Office and other parties from private sector in Thailand.
 
The findings from the 1st visit are as follows;
* The Royal Thai Government appointed DIW to prepare National Master Plan for Industrial Waste Management in Thailand (hereinafter referred as “Master Plan”)
* DIW was under preparation of the Master Plan to be submitted to the Cabinet and expected to have initial approval soon.
* Studies to be conducted by NEDO and its entrusted parties were corresponding to “Strategy 3 (1)”.
* Despite of DIW’s advance information, DIW had not yet finalized candidate land areas for project implementation (establishment of waste management complex), while DIW clarified that meaning of “6 places” as it does not mean 6 province, but 6 suitable places to be selected in Thailand.
* DIW requested the study implementation body to complete part of study (completion of a reference plan for the Master Plan”) by the end of September, followed by other activities in the Study, such as technical visit to Japan.
* DIW would provide as much as data & information, which the Japanese study implementation body required for preparation of the reference plan under their responsibility.
* DIW was under translation of draft master plan for industrial waste management and DIW would provide the Japanese study implementation body a copy of English version as soon as it would be available.
* Both sides agreed to hold actual working level meetings, in addition to the general meetings to be held periodically.
* IEAT committed their full support to the assignment given to DIW, i.e. preparation of the master plan for industrial waste management
* PCD reminded the master plan for industrial waste management in Thailand, which would be prepared by DIW shall harmonized with other policy & plan, such as road map for solid waste management in Thailand already approved by the cabinet.
* Both DIW & PCD confirmed their setting up task force for consolidating laws & regulation for waste management.

2. Output
A Concept Note with Terms of Reference for the Study (expected to be approved by Director, Industrial Waste Management Bureau soon), containing;
1) To prepare a reference plan for the master plan for industrial waste management in Thailand based on data & information provided by DIW (except for data & information of waste management and treatment technologies, systems, know-how and experience).
2) To organize a workshop for industrial waste management
3) To dispatch Japanese Experts to Thailand
4) To conduct technical visit to waste management / treatment project sites in Japan
5) To provide consultation service on the master plan preparation work to be done by DIW
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る