成果報告書詳細
管理番号20150000000522
タイトル平成26年度成果報告書 我が国ロボット産業の競争力強化に資する技術開発の在り方等に関する調査
公開日2016/3/23
報告書年度2014 - 2014
委託先名EYアドバイザリー株式会社
プロジェクト番号P09018
部署名ロボット・機械システム部
和文要約我が国ロボット産業の競争力は、近年、先進国・新興国の双方との激しい技術開発及び市場獲得競争に曝されており、その維持・強化が困難な状況にある。
サービス/フィールドロボット分野においては、安全性に関する国際標準ISO13482の発行(2014年2月)に、我が国のロボット技術が大きく貢献したように、世界的な産業競争力を維持していくポテンシャルを有する面もある一方、実フィールドにおける実用化開発、商用化におけるビジネスモデル構築においては、世界に先行しているとは言えない状況にある。
本調査では、我が国ロボット産業の競争力強化に資することを目的として、サービスロボット、産業用ロボット、フィールドロボットの各分野における技術開発の在り方を検討した。
サービスロボット分野に関しては、市場分析及び現場調査、産学の有識者によって構成される「ロボット社会実装のための有識者会議」における意見収集を実施し、市場性に留意しつつ、研究テーマ方向性(技術開発の在り方)を創出した。具体的には、サービス産業において深堀対象領域を選択し、64から14業界まで絞り込んだ。次に深堀対象となった各業界における利用施設を把握し、ロボット導入対象業務を抽出した。その結果、7箇所の利用施設、51の業務が抽出され、個々の業務のコスト削減効果を算出した。この一連の調査プロセスにおいて、約20社の企業の現場見学と約50名の企業・業界団体に所属する有識者から情報収集を行った。
産業用ロボット及びフィールドロボット分野に関しては、産学の有識者から推薦研究テーマ収集を実施、市場性・競争力に留意しつつ、研究テーマ方向性(技術開発の在り方)を創出した。特に産業用ロボットに関しては、欧米の動向、具体的にはドイツのIndustry 4.0や米国GEのIndustrial InternetやIBMのSmarter Planetによる全ての機器、装置、設備の”ロボット化”の動向に注意しつつ、我が国の競争力について考察した。
 最後に、ロボット産業活性化に向けた、政策及びイベント動向の情報収集を実施した。前者は2015年1月に策定された「ロボット新戦略」であり、後者は2020年東京オリンピック・パラリンピックに関連するロボットイベント開催に向けた産官学の動向である。
英文要約Title:A Study on the way such as technology development that will contribute to strengthening the competitiveness of our country robot industry
Japan has been recognized as a ‘robot country’ for its advanced robotic technology. However, Japan can no longer maintain an optimistic position. This is due to the severe competition on technologies of other leading countries, progressive advancement of emerging countries for their technological development, and competition on market shares.

In the area of service/field robot, Japan has tremendously contributed to the robotic technology by issuing international standard ISO13482 and has its potential on maintaining a competitive position in the industry among the rest of the world. However, Japan is not completely at the leading position of the field development, business or other individual technological factors.

The purpose of the research is to enhance competitiveness of Japan’s robotics industry by investigating the issues on technology development in the areas of service robot, industrial robot, and field robot.

In the service robot area, we brought out main research areas after extensive market analysis, field research and hearing servey at the Robot Implementation Advisory Council. In particular, 14 out of 64 industries and were selected as the areas of focus in order to extract functions to be carried out by robots. In the 14 industries, we have identified facilities used and calculated cost reduction effects of 7 facilities and 51 functions in total. In this process, we have conducted a series of field research at around 20 companies, interviews with around 50 experts from companies and industry associations.

In the industrial/field robot area, we brought out main research areas by collecting ‘research topics for recommendation’ from public and private sector intellectuals. We have analyzed Japan’s competitiveness with a special focus on the trends in the U.S. and Europe. In particular, we have looked at “robotization” of equipments, devises, and facilities in Germany’s Industry 4.0, GE’s Industrial Internet, and IBM’s Smarter Planet.

In the end, we have collected information on a policy and the trends of events for robotic industry vitalization. We have examined “New Robot Strategy,” which was hummbered out in January 2015 as well as the trends of events in public, private and research sectors for the 2020 Tokyo Olympic and Paralympic Games.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る