成果報告書詳細
管理番号20150000000581
タイトル平成25年度ー平成26年度成果報告書 環境・医療分野の国際研究開発・実証プロジェクト ロボット分野の国際研究開発・実証事業 デンマークにおける生活支援ロボットを活用した介護サービス提供に係る国際研究開発及び実証事業
公開日2016/3/15
報告書年度2013 - 2014
委託先名株式会社テムザック 株式会社NTTドコモ
プロジェクト番号P12001
部署名ロボット・機械システム部
和文要約件名:平成25年度ー平成26年度成果報告書 『環境・医療分野の国際研究開発・実証プロジェクト/ロボット分野の国際研究開発・実証事業/デンマークにおける生活支援ロボットを活用した介護サービス提供に係る国際研究開発及び実証事業』

本事業は、独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構における「環境・医療分野の国際研究開発・実証プロジェクト/生活支援システムの国際研究開発・実証事業/デンマークにおける生活支援ロボットを活用した介護サービス提供に係る国際研究開発及び実証事業」として、平成25年度から平成26年度まで実施された。
ここでは、医療、介護、健康、福祉等の生活支援関連産業を対象とし、我が国の当該分野における生活支援システムの技術水準の向上に加え、海外展開や市場化の促進等を図ることを目的とした。
本事業の実施企業は株式会社テムザック、株式会社NTTドコモの2社であり、平成24年度の基礎調査結果を前提とし、実施可能性調査と実証事業の2つのステップで推進した。
実施可能性調査においては、デンマークの介護現場における三主体(介護者、被介護者、自治体)の課題解決に向けて、移乗移動が簡単な車いす型ロボット(ロデム)及びスマートフォンを使った見守りクラウドシステム(New Robot Rodem、以下NRRと言う。)の開発要素を研究し、更にこれを用いた将来のビジネス化に向けた基本的検討を行った。
デンマークにおける視察調査及び現地関係機関とのディスカッションを通じて、市場・技術・運用(ビジネスモデル)・制度に関する実態を明らかにするとともに、実証事業で導入するNRRへの改善要望を把握した。
実証事業では、科学的なプラットフォームを提供するため改善要望を反映し、CE認証を得た実証機を作成して、介護施設、南デンマーク大学などで臨床調査を実施した。
介護者の身体的負担の軽減効果・被介護者の自立性向上・見守り機能による安心感の向上効果・取得したログの有効活用・NRRの技術検証・導入意向という6つの実証カテゴリを設定してその検証を行うとともに、実証事業終了後速やかにビジネスステージに移行するための事業化方針を検討した。
この結果、介護者の身体的負担の削減効果、被介護者の自立性向上、見守り機能による安心感の向上効果というNRRが果たすべき役割については、いずれもその効果が見込まれる可能性が実証された。
また、NRRのログ収集及び分析機能については、被介護者のNRR利用促進やNRRの効率的利用へ貢献できる可能性があると確認できた。一方、NRRの技術的課題を抽出したところ、複数の改善要望を含むフィードバックを得た。
導入意向については、「ロデム」部分の導入意向は強いものの、「クラウドシステム」部分は有効な機能ではあるが、必ずしも導入初期から必要ではないようであった。
この実証結果を踏まえ、NRR全体から通信機能を除いた「ロデム」部分のみの機能をもつNRRを商品版としてまずは導入することを計画している。導入初期では、商品版NRRのスペックを踏まえ、テムザックが中心となって事業化を推進する。
NRRの販売台数が一定以上に達し、通信システムへの需要が見込まれるようになった時点において、NTTドコモを含めた適切な事業パートナーを選定し、同関連機能を実装したNRRを販売していくことを想定している。
実証結果を反映した事業化により、平成29年度末時点には累計で約1万台のNRRが販売され、これをもって通信システムの販売が開始されることで、平成30年度には合計で約80億円の利益(税引前)を見込んでいる。
なお、今後の課題として、実際の商用機の開発とマーケティング戦略実施のための資金調達、高齢化社会問題を同じくする日本やその他世界市場の開拓などが必要であり、解決に向けた対応策を検討・実施していく。
英文要約Title: The International R&D, Demonstration Project in Environment and Medical Device Sector / The International R&D and Demonstration Project on Daily Life Assistive Robotic Devices / The International Research and Development and Demonstration Project for the Provision of Nursing-Care Service in Denmark through the use of Daily Assistive Robotic Devices (FY2013 - FY2014) Final Report

“The International R&D, Demonstration Project in Environment and Medical Device Sector / The International R&D and Demonstration Project on Daily Life Assistive Robotic Devices / The International Research and Development and Demonstration Project for the Provision of Nursing-Care Service in Denmark through the use of Daily Assistive Robotic Devices” supported by NEDO -- This project was carried out from FY2013 to FY2014 to bring up the Japanese technology for life-assist systems in medical/care/health/welfare industries into higher level and to promote the Japanese technology as the commercial product to global market.
tmsuk Co., Ltd and NTT DOCOMO, INC. conducted this project, that consists of【1】Feasibility Study (hereinafter F.S.) and【2】Demonstration Project, after Basic Research in FY2012.
【1】F.S.: In order to resolve the Care-field’s issues for the three parties (caregivers, the elderly, municipality), F.S. focused on: Necessary R&D elements of a wheelchair-type robot (Rodem) helping easier transfer and of the cloud monitoring system with smartphone. The entire system is called as the New Robot Rodem (hereinafter -NRR). F.S. also evaluated specific business circumstances for commercializing NRR. As a result, F.S. grasped clearly conditions of the market, technologies, operations (business model), regulations and the improvement demands for NRR.
【2】Demonstration Project: CE-conformed model for the project was developed based on the F.S. results then a clinical research was conducted in nursing homes, South Denmark University, etc.. Six research categories were set up: (1) Reduction of caregivers’ physical burden, (2) Enhancement of the elderly’s Quality of Life (3) Increase of perception of safety byNRR monitor, (4) Effective use of log data (5) Technical evaluation of NRR and (6) Evaluation of potential of NRR implementation into the municilalities.
Furthermore business strategy was examined for smooth transfer to actual business after the project.
The results were as follows: NRR would contribute to the positive effects in thecategory (1), (2) and (3) above. As for the category (4), the log would help effective use of the NRR. For the category (5), improvement feedbacks were gathered. For the category (6), Denmark shows very positive for "Rodem" introduction, while the "cloud system" could wait although it is an effective function.
Based on these results, only the Rodem portion (without the cloud) shall be launched at first stage and tmsuk will play a main role for commercialization. When the sales of Rodem reach to a certain number to build a cloud, it is expected to select appropriate partners, e.g. NTT DOCOMO.
According to the business plan, about 21,000 units of Rodem are expected to be sold by end-FY2017. Then the cloud service would be started. In FY2018 the profit is estimated about ten billion yen (before tax).
Next task is to finance the production and marketing, of commercial model while developing markets in Japan and overseas.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る