成果報告書詳細
管理番号20150000000612
タイトル平成26年度成果報告書 地球温暖化対策技術普及等推進事業 コスタリカ共和国グアナカステ州における太陽光発電プロジェクトのJCM実現可能性調査
公開日2016/3/9
報告書年度2014 - 2014
委託先名あすかグリーンインベストメント株式会社
プロジェクト番号P11013
部署名京都メカニズム事業推進部
和文要約本調査は、コスタリカ共和国(以下、コスタリカ)の北西部に位置するGuanacaste(グアナカステ)州に日本の高効率太陽光パネルを用いた太陽光発電
プロジェクトを対象に、二国間クレジット制度(以下、JCM)の下でのプロジェクトの実現可能性につき検討を行うものである。豊かな自然条件を持つコスタリカでは、
2021年までにカーボンニュートラルを目指すことを宣言し、公共政策の中で最高位の位置づけとして、達成のための様々な政策が打たれている。一方現状では、
2020年までに達成できる二酸化炭素排出削減量は15MtCO2eと想定されており、カーボンニュートラルという目標からは程遠い状況にある。このため更なる
再生可能エネルギーの導入を目指しており、太陽光発電の導入余地は極めて大きい。また、経済成長に伴う電力需要の拡大、水力発電に偏重する電源ポートフォリオの
改善、といった側面からも太陽光発電への期待は高まっている。そのようなエネルギー環境事情から、コスタリカ政府は2013年12月に日本政府とJCMに関わる二国間文書に
署名し、特に日本の先進技術を利用した再生可能エネルギーの導入拡大に期待を寄せているところである。本調査では、あすかグリーンインベストメント株式会社が
実施主体となり、当該事業を計画するMGM社、パナソニックラテンアメリカ社の協力の下、日本の先進技術の普及に向けた課題整理を行った。調査は2つの視点より行い、まずは、2021年までの脱化石燃料政策という目標を掲げたコスタリカにおいて、本プロジェクトがJCMプロジェクトとして成立するための
要件を制度的、経済的な観点から調査・検討した。その結果、事前調査の通り太陽光発電の導入拡大への政策的ニーズが高いことが確かめられた。一方で、具体的施策の実施は未だ途上段階にあり、固定価格買取制度等の経済的インセンティブの施行には未だ至っていないことも明らかになった。これは、プロジェクトの事業性の観点からは大きな課題になることが判明した。一定の前提条件のもと本プロジェクトの事業性につき検討を行ったが、楽観的シナリオでも、高効率かつ高価な太陽光パネルによるシステムの事業性が厳しいことが判明した。また、JCMに関する検討として、コスタリカにおける太陽光発電プロジェクトに係るMRV方法論の開発を行い、第三者認証機関からの審査を受けた。開発した方法論を本プロジェクトに適応した結果、プロジェクトの年間排出削減量は2,400 tCO2/年と試算された。
2点目は、プロジェクトにて採用する日本の先進的太陽光パネルがコスタリカにおいて普及・拡大するための技術的条件について調査・検討した。その結果、導入予定の太陽光パネルは高温下での高い変換効率を示すものの、通年で気温の高い気象環境にあるコスタリカにおいて、同様の結果を得ることができるか、という点が検証すべき事項として抽出された。また、赤道に近いためパネルはほぼ水平になり、日の出から日の入りまでの発電可能時間も日本とは異なることがシステム全体に与える影響についても、検証すべき事項として整理された。
英文要約The Study is aiming to conduct a review of the feasibility of the project under the JCM (Joint Crediting Mechanism) for the project of photovoltaics (hereinafter PV) of Japanese high efficiency solar panels in Guanacaste region, the north western area of Costa Rica. Costa Rica, where the rich natural environment, declares to aim for the carbon-neutral by 2021 developing the various policies to achieve this goal as the top grade. On the other hand, 15MtCO2e is currently assumed as the emission reduction of CO2 by 2020, which is far from the carbon neutrality. Therefore Costa Rica seeks for introducing much more reusable sources of energy then there is much room for the PV.
Furthermore, it has much greater hope for the PV in view of electrical power need associated with the economic growth, reformation of the power source portfolio which emphasizes on the hydro power. Such being the case of the energy situation, the Costa Rican government and the Japanese government signed the bi-lateral document in December 2013, especially expansion of the renewable energy by Japanese high-technology is expected.
This Study is executed by Asuka Green Investment Co., Ltd., as the prime contractor, in cooperation with MGM and Panasonic Latin America, and is marshaled in view of spreading Japanese advanced technology.
The Study was done through two positions; one is to research and review the requirements institutionally and economically whether this project can be a JCM project in Costa Rica where is aiming for the carbon-neutral by 2021. In consequence, political needs of PV installation is very high as preliminary survey. On the other hand, any specific policies are immature state of development, and it was found that the economic incentive such as feed-in tariff is not yet executed. This should be big challenges. In reviewing this project under a certain condition, it was found that it is also difficult to implement the efficiency and high-priced PV.
Concerning the JCM, MRV methodology for this PV project was developed by us Asuka Green Investment Co., Ltd., and was evaluated by the third party. Having applied to this project with the developed methodology, the amount of GHG emission reduction by this project will be 2,400tCO2 per year. The other position is to investigate and review the technical conditions of the Japanese advanced PV used at the project. The to-be-installed PV shows high conversion efficiency under high temperature, however it should be verified whether the similar result is obtained in Costa Rica, as under the high temperature condition throughout the year. Besides, as the country is near the equator, the panel would be nearly-level and possible power generation hours from sunup-to- sundown which are different from the ones of Japan may influence the whole system. It should be also verified.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る