成果報告書詳細
管理番号20150000000727
タイトル平成26ー平成27年度成果報告書 「国際エネルギー消費効率化等技術・システム実証事業/実証要件適合性等調査/産業用自家発電設備を有する工場の創エネ技術システム」(タイ)
公開日2016/4/1
報告書年度2014 - 2015
委託先名三菱商事株式会社 アズビル株式会社 株式会社日立産機システム 日本ガイシ株式会社
プロジェクト番号P93050
部署名省エネルギー部
和文要約本調査は、タイ国自家発電設備を有する大型産業用工場の発電設備を最大限有効活用し、省エネ・創エネ技術を導入することで、より多くの電力供給(売電)量が見込まれるため、実証要件適合性調査を通じ、同国産業用工場を保有する企業がVSPP(Very Small Power Producer/極小規模発電事業者)を中心にした売電事業への参画容易性の検証、課題の抽出及び対応策の調査を行い普及促進を狙ったものである。当該国を訪問し、関連機関及び実証候補先との面談を実施し、該当技術適用及び事業検証推進に前向きな協力を頂くスタンスが確認出来、今後実証システム導入に向けた詳細技術適応関連調査を行なっていく。尚、これまでの調査内容成果として、以下点を確認することが出来た。(1)タイ国電力需要の省エネ目標として、GDPのエネルギー原単位を2030年までに2005年で25%削減し、再生可能エネルギー導入促進ロードマップを作成し、小規模独立系発電所(VSPP)導入を促進中であること。(2)日本、タイ両国間で合意した2009年度に「緑あふれるメコン(グリーンメコン)に向けた10年」にて省エネ・クリーンエネルギー分野でメコン地域を支援することを表明し、同方向性に合致しており、進展させていく環境にあることを関係機関、実証候補先とも基本スタンスとして認識していることを確認出来たこと。(3)タイ国における電力供給設備容量は2014年見込みで 約39,500MWあり、約半分が国営電力会社による供給、残り半分は隣国からの電力輸入および、IPP、SPP等私営電力による。タイ国GDP 4ー5%/年、電力消費 3ー4%/年程度の伸長が今後も継続する見通しであること。(4)石炭焚きを中心にした大型発電所建設が環境・住民問題等の反対で困難な状況下、私営電力供給強化として自家発設備を有する大規模工場は数十MW規模の発電能力を有するが、SPP、VSPP売電をするケースは稀である。これら大規模工場への省エネ・創エネ取組みをし、余剰発電能力でVSPP売電をすることはタイ国電力需給緩和に貢献する環境にあることが確認出来たこと。(5)タイにおけるVSPPの電気事業は、PEA(Provincial Electricity Authority/地方配電公社)、MEA(Metropolitan Electricity Authority/首都圏配電公社)の所掌であることを確認。VSPP制度は2002年より実施され、国内場所によってVSPPの売電容量が違い(10MW以下)、ピークシフト制度を導入し売電がしやすいビジネス環境が構築されていることを確認出来たこと。一方、今後の対応方針として、実証事業実現可能性の詳細調査のため、導入技術の設置費用積算(工事含)、レイアウト、省エネ創エネ効果計算方法の確定を行う。また、実証予定サイト関係者、タイ国専門家や普及に係る意思決定者等やタイ国政府機関等関係者との関係を維持し、普及促進に向けた連携を行う。また、我が国企業コンソーシアムによるシステム技術検証、創エネ・省エネの期待効果等を継続調査し、タイ国でのエネルギー技術・システムの導入推進事業を対象とし、両国政府・産業界関係者等が有するシーズ、ニーズ等に関する情報収集、マスタープランの作成、普及促進策の分析や対象サイトへの 省エネ創エネ診断を実施し、タイ国側に提言、推進していく。
英文要約The aim of basic study has been completed to demonstrate and to expand its integrated technology of VSPP (Very Small Power Producer) in Thailand through the verification study of applying technology of both energy conservation and creation maximizing the output of electricity of existing power plants owned by heavy industrial companies. Our consortium delegation has already done several visits to Thailand for research and could confirm that related authorities and the entities of demonstration candidates are positive to proceed the verification study with their cooperation and to step in for detail study of technical applicability. As for the latest progress of study of Y2014, we could learn that (1) for the target of energy conservation of electricity demand in Thailand, the energy unit price of GDP must be reduced 25% in Y2030 comparing with Y2005 with promoting VSPP mentioned on the road map of renewable energy promotion; (2) both related authorities and entities of demonstration candidates understand as a basic stance that our study follows the action plan for “A Decade toward the Green Mecong” initiative agreed by the government of Japan and Thailand for the energy conservation and green energy segmentation; (3) the expected electricity supply amount in Thailand is around 39,500MW in Y2014 and its half is supplied by the public electrical company of Thailand and left over is supplied by neighbor countries and private sector using the IPP and SPP scheme. Also confirmed that the growth of GDP 4-5%/year and electricity consumption is 3-4%/year will be expected continuously;(4)considering the restriction of construction of new power plants (mainly coal burning) caused by environmental and residential protest, to enforce the electricity supply by private sector, it is not yet well expanded the cases of selling the electricity by SPP or VSPP using their own power plants. Therefore, if we could systemize the energy conservation and creation using our integrated technology, it will be possible to contribute for the country with great impact for the electricity stable supply and demand;(5)VSPP in Thailand is under controlled by PEA and MEA(Electricity Authority)and started in Y2002 and the allowance of electrical supply is categorized respectively in each region under 10MW per complex. Besides, for the next action this project, for the purpose to materialize the business strategy for promotion, we take action for the detail feasibility study of estimation of system, system layout and completion of energy conservation and energy creation baseline. Also, we continue to make tight and good relationship with the management people of expected demonstration site, experts and related authorities in Thailand. Our consortium is keep trying to verify the feasibility of system integration and to realize the effectiveness of energy conservation and energy creation referring the seeds and needs of both governments and related industrial entities.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る