成果報告書詳細
管理番号20150000000822
タイトル平成23年度ー平成27年度成果報告書 先導的産業技術創出事業 11B04018c ナノ構造制御によるポリマー薄膜太陽電池の高効率化 平成27年度最終
公開日2016/3/15
報告書年度2011 - 2015
委託先名国立研究開発法人理化学研究所但馬敬介
プロジェクト番号P00041
部署名イノベーション推進部
和文要約低バンドギャップブロックコポリマーの合成と、薄膜中の自己組織化によるナノ構造制御を引き続き検討した。その結果、フラーレン部位を側鎖に持つチオフェンーセレノフェンブロックコポリマーを合成することに成功した。それらを用いて、薄膜中での明確なミクロ相分離構造の構築を達成した。また、これまでの研究で低バンドギャップポリマー材料の短絡電流密度の向上に有効であったπ共役側鎖の長さの効果を検討するため、新規な半導体コポリマー群を合成した。その結果、これらとフラーレンを組み合わせた有機薄膜太陽電池において、電流向上に最適な側鎖の長さが存在することが明らかになった。
英文要約We continued to investigate the synthesis of low-bandgap block copolymers and their nanostructure formation in thin films. As the result, the fullerene-attached poly(3-alkylthiphene)-b-poly(3-alkylselenophene)s with well-defined structures were successfully synthesized. They showed a clear microphase separation in thin films by thermal annealing. For the novel semiconducting polymers with π-conjugated side chains, the length of the side chain were optimized to obtain the highest solar cell efficiency based on the blend of the polymers and the fullerene derivative. As the result, the optimum length of the side chain was elucidated.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る