成果報告書詳細
管理番号20150000000823
タイトル平成23年度ー平成27年度成果報告書 先導的産業技術創出事業 11B04022c 能動流体制御技術を用いたバーチャルブレード構築による風力発電システムの飛躍的な始動性及び設備利用率向上に向けた研究開発 平成27年度最終
公開日2016/3/15
報告書年度2011 - 2015
委託先名国立研究開発法人産業技術総合研究所瀬川武彦
プロジェクト番号P00041
部署名イノベーション推進部
和文要約これまで開発してきた剥離流れ能動制御システムを1kW級小型風車に装着し、自動車テストコースにおいて小型風車が固定された走行車両の速度を一定に保つことで走行試験を実施した。異なる風速および走行モードのもとで性能評価を行った結果、正味の発電量が5%程度増加する条件を見出した。また、実用化を想定した場合に問題になる装着安全性技術やオゾン低減技術について検証した。さらに、本研究で開発したひも型DBD-PAsの適用先拡大を目的として、オープンインペラ型遠心圧縮機のケーシング部に適用し、漏れ流れ抑制効果について定量的な評価を行った。
英文要約The control system for mitigating flow separation developed in this research project was installed in a 1kw-class wind turbine, and drive tests were carried out by keeping speeds of wind turbine system, which was fixed to an autotruck, constant in the drive test course for cars. As a result of performance evaluation, net gains of electricity production were achieved in the order of 5% under several conditions of wind speeds and driving modes. Technologies for safety mounting and ozone reduction were also examined toward practical applications of DBD-PAs. In addition, for the purpose of expansion in applications of string-type DBD-PAs developed in this project, active control of tip leakage flows using string-type DBD-PAs was investigated by embedding metallic wires coated with an insulation materials in the casing of an open-impeller-type centrifugal compressor, and control effects of tip leakage flow were evaluated.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る