成果報告書詳細
管理番号20150000000824
タイトル平成23年度ー平成27年度成果報告書 先導的産業技術創出事業 11B05004c 新規代謝デザインにもとづく次世代バイオ燃料(イソブタノール)生産酵母の開発 平成27年度最終
公開日2016/3/15
報告書年度2011 - 2015
委託先名国立大学法人大阪大学松田史生
プロジェクト番号P00041
部署名イノベーション推進部
和文要約代謝設計に基づく酵母への次世代バイオ燃料高生産能付与を実証するため、2,3-ブタンジオールの生産能を10g/Lへと向上させることを目標として研究開発を行なった。代謝診断の結果、細胞内の酵素発現量や代謝物プロファイルは野生株と比べて大きな変化はなく、細胞内還元力(NADH)の蓄積が見られた。そこで、2,3-ブタンジオール生合成経路酵素遺伝子の変更や、アルコールデヒドロゲナーゼ遺伝子の追加導入などを試み、目標値を超える10 g/L以上の2,3-ブタンジオールの生産を達成した。
英文要約Ethanol non-producing S. cerevisiae strain was obtained by a laboratory evolution experiment. Genes to construct the 2,3-butandiol biosynthesis pathway were introduced into the ethanol non-producing strain. The fermentation test demonstrated that the metabolically engineered strain efficiently produced 2,3-butandiol from glucose.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る