成果報告書詳細
管理番号20150000000827
タイトル平成23年度ー平成27年度成果報告書 先導的産業技術創出事業 11B06005c 新導電性ポリマーによるリチウムイオン蓄電デバイスの高出力・大容量化技術の開発 平成27年度最終
公開日2016/3/15
報告書年度2011 - 2015
委託先名学校法人五島育英会東京都市大学金澤昭彦
プロジェクト番号P00041
部署名イノベーション推進部
和文要約リチウムイオン電池ポリチエン正極材の充放電サイクル特性の向上および高エネルギー密度化を目的として、ポリチエンの短所を補う新たなレドックス導電性ポリマーの設計合成および物性評価を行い、電池応用に先駆けてポストポリチエン材料系の確立を図った。開発したCuS含有ポリチエンと高分子化トロポロンは、いずれも優れたレドックス導電性を有し、高性能リチウムイオン蓄電デバイス用電極材として一翼を担うことが期待される。
英文要約To improve charge/discharge cycle characteristics of a positive electrode for a lithium-ion rechargeable battery, new electric conducting composites with a redox activity, which consist of CS and CuS, have been prepared by the photochemical reaction of tributylphosphine-carbon disulfide complexes in the presence of copper(II) compounds. The CS/CuS composite materials are expected to show an advantageous feature as cathode active materials because of their high electric conductivity and superior chemical stability. Furthermore, we have focused on tropolones as a non-benzenoid aromatic compound, which are seven-membered ring unsaturated compounds, and attempted to synthesize the conjugated tropolone polymers using electrochemical oxdation technique. The polymeric tropolone materials will act as n-type polymer semiconductors and ion-conducting polymers owing to the characteristic system of seven p -electrons in the tropolone rings.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る