成果報告書詳細
管理番号20150000000835
タイトル平成23年度ー平成27年度成果報告書 先導的産業技術創出事業 11B09003d 微生物用マイクロデバイスの開発と水処理施設の省エネルギー化 平成27年度最終
公開日2016/3/15
報告書年度2011 - 2015
委託先名国立大学法人横浜国立大学福田淳二
プロジェクト番号P00041
部署名イノベーション推進部
和文要約マイクロデバイスにアンモニアセンサと硝酸センサを搭載した。また、発光遺伝子を組み込んだNitrosomonas europaeaを用いて細胞密度を含む培養条件を最適化した。そして、新規シグナル物質の探索を行い、構造が既知の化合物ライブラリーの中からC12-homoserine lactoneと比較して硝化活性の向上効果が高い化合物を見出した。この化合物は、未添加の場合と比較して、最大で約4.8倍の活性誘導効果があることを示した。
英文要約Sensors for ammonium and nitrate ions were integrated in a microdevice for the measurements of nitrification activity. Luciferase gene transfected Nitrosomonas europaea was used to optimize culture conditions including cell density. Using a chemical compound library, novel signal molecule candidates which upregulated nitrification activity of Nitrosomonas europaea greater than that observed with C12-homoserine lactone were obtained. The obtained compounds induced up to 4.8 times greater nitrification activity compared to that without activation.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る