成果報告書詳細
管理番号20150000000846
タイトル平成23年度ー平成27年度成果報告書 先導的産業技術創出事業 11B13001d 窒素除去・温室効果ガス発生削減に寄与する細菌群の選択培養技術をコアとする低コスト・省エネ型排水処理プロセスの構築 平成27年度最終
公開日2016/3/15
報告書年度2011 - 2015
委託先名国立大学法人東京農工大学寺田昭彦
プロジェクト番号P00041
部署名イノベーション推進部
和文要約半導体製造工場に75 L規模のバイオリアクターを設置し、洗浄工程から排出される排水からのアンモニア除去試験を行った。アンモニア除去速度は最大で2.02 kg-N/m3/dayに達し、安定してアンモニア除去および亜硝酸蓄積を達成することができた。さらに、曝気量を5割削減した間欠曝気方式を達成し、1.20 kg-N/m3/dayの除去速度を達成した。一方、バイオリアクターの処理液を同工場の現像工程から排出される水酸化テトラメチルアンモニウム(TMAH)と混ぜることにより、TMAHを用いた脱窒処理を行ったところ、0.2 kg-C/m3/dayにてTMAHを分解しながら、脱窒することが可能であった。これらの結果より、コストで採算が合うかどうか検討したところ、薬剤添加の削減により既設のプロセスよりもコストを13%削減できる条件を明らかにした。
英文要約A bioreactor with a volume of 75 L was constructed to remove ammonia in semiconductor wastewater. The ammonia removal rate reached, at maximum, 2.02 kg-N/m3/day and complete nitrite accumulation was achieved. Intermittent aeration was employed, achieving 1.20 kg-N/m3/day by reducing aeration cost by 50%. The produced nitrite was mixed with tetra-methyl ammonium hydroxide contained in a wastewater from a developing process to enhance denitrification, resulting in a carbon removal rate of 0.2 kg-C/m3/day. The cost estimation revealed that the proposed process of partial nitrification followed by TMAH with denitrification would be advantageous under a certain condition in comparison with the conventional ammonia stripping followed by biological mineralization of TMAH.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る