成果報告書詳細
管理番号20160000000068
タイトル平成25年度ー平成27年度成果報告書 地球温暖化対策技術普及等推進事業 バングラデシュ国におけるCCGT発電プロジェクトのMRV適用調査事業
公開日2016/3/15
報告書年度2013 - 2015
委託先名株式会社三菱総合研究所
プロジェクト番号P11013
部署名京都メカニズム事業推進部
和文要約本MRV適用調査事業では、2014年4月に運転を開始したNew Haripurコンバインドサイクルガスタービン発電所(412MW)に対し、我が国とバングラデシュとの間で設置された合同委員会で定められた規則、ガイドライン類に従い、MRV方法論に基づくPDDの作成、有効化申請、妥当性の確認、及びプロジェクトのモニタリング・報告・第三者機関による検証を実施した。
現地事業者にとって、二国間クレジット制度(バングラデシュではBOCMと呼称)に基づくMRVの実施は初めてであり、また制度自体が新しく、参照すべき実績が少ないため、まずは現地事業者に対してBOCMあるいはMRVの内容・重要性についての理解を深めるキャパシティービルディングを行った。その上で実事業で予定されているMRV実施項目とMRV方法論で要求されるMRV実施項目を比較検討し、MRV上最も重要となるモニタリング計画を策定した。最終的には現地事業者が自らモニタリング報告書を作成できる知識・能力を獲得するに至っている。
またリファレンス排出係数を含むMRV方法論が提案段階にあるため、方法論の検討プロセスへのインプットを目的として、既存発電所の調査を行い、バングラデシュで一般的に行われているMRVを把握し、関連データを収集してリファレンス排出係数の検討を行った。
さらに、MRVを一巡された結果判明した課題について、制度へのフィードバックとして提言をまとめている。
以上をもとに、本MRV適用調査事業報告書の構成は次のとおりとしている。すなわち、MRV関連事項は第1章から第4章、プロジェクトの妥当性確認と検証に関連する事項は第5章から8章にまとめ、MRV実証を行った結果としての課題と解決策の検討を第9章、日本の貢献度を表す指標の検討を第10章で行った上で、第11章で総括を行った。
 
第1章  New Haripur発電所におけるモニタリング計画の作成及び体制の整備
第2章  MRVに関連する既設発電所の調査とリファレンス排出係数の算定
第3章  MRVに関連するバングラデシュの規制・法制度
第4章  MRVの概要
第5章  プロジェクト設計書(PDD)の作成の課題と提言
第6章  プロジェクトの妥当性確認の課題と提言
第7章  モニタリングの課題と提言
第8章  検証の課題と提言
第9章  MRVの課題の整理及び解決策の検討
第10章 日本の貢献指標の検討
第11章 総括
 
最後に、日本の発電技術は導入時に高効率であることは当然のこと、導入後も適切なO&Mを実施することにより熱効率の低下が少ないことをメリットとして主張することができる。他方、排出削減量の試算だけではその貢献がわかりづらいことが課題である。
したがって本調査はMRVのみに留まらず、試みとして本CCGTプロジェクトがバングラデシュの排出削減に貢献したことをよりわかりやすく「見える化」するための指標についても、前述のとおり第11章で提案していることが特長である。
英文要約This MRV (monitoring, reporting and verification) application study is conducted on the New Haripur combined cycle gas turbine power station (412MW) in Bangladesh, which began operation in April 2014. MRV consists of preparing the Project Design Document (PDD) following MRV methodology, validation, monitoring, reporting, and verification by the third party entity. All procedures will follow the rules and guidelines developed by the Joint Committee, consisting of Japanese and Bangladesh members.
The local participants conducted MRV for the Bilateral Offset Credit Mechanism for the first time. Therefore capacity building was held in Bangladesh to explain the contents and importance of BOCM and MRV, and as this scheme started recently, the preceding projects are scarce. The proposed MRV activities were assessed to the MRV activities set in the methodology, and the most important component of the MRV, the monitoring design was prepared. Eventually, the local project participants acquired the knowledge and skill to complete the monitoring report on their own.
Since the MRV methodology including the emission reduction factor is under proposal, the demonstration resulted on identifying issues to for methodology development, analysis of the existing power stations, general MRV held in Bangladesh, and the reference emission factor.
Furthermore, the issues found from the study, and the recommendations toward this scheme are included.
The contents of this MRV application study report are as below. Chapters 1 to 4 is on MRV, chapters 5 to 8 on project validation and verification, chapter 9 on the issues and suggestions resulting from the MRV demonstration, chapter 10 on the study of indices to evaluate Japanese contribution, chapter 11 the conclusion.

Chapter numbers and content:
1: Preparation of monitoring report and reporting framework at New Haripur Power Station
2: Study on existing power stations and calculation of reference emission factor for MRV
3: Bangladesh laws and rules on MRV
4: Outline of MRV
5: Issues and suggestions on preparing the PDD
6: Issues and suggestion on project validation
7: Issues and suggestions on project monitoring
8: Issues and suggestions on project verification
9: Further study on issues and suggestions on MRV
10: Study on Japanese contribution indices
11: Conclusion

To conclude, the merit of Japanese power generation technologies is its high efficiency, not only at the time of instillation, but also during operation resulting by small reduction of thermal power, with the proper operation and maintenance. The main issue is emphasizing Japanese contribution, as emission reduction calculation being the sole benefit is insufficient.
This study concludes not only on MRV, but also gives examples on indices to make clear how this CCGT project will contribute to the emission reductions in Bangladesh.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る