成果報告書詳細
管理番号20160000000075
タイトル平成26年度ー平成27年度成果報告書 海洋エネルギー技術研究開発 海洋エネルギー発電技術共通基盤研究 国内外の海洋エネルギー利用事例における海域等への影響に関する調査
公開日2016/3/23
報告書年度2014 - 2015
委託先名一般財団法人電力中央研究所 株式会社三菱総合研究所
プロジェクト番号P07015
部署名新エネルギー部
和文要約件名:平成26年度ー平成27年度成果報告書 海洋エネルギー技術研究開発 海洋エネルギー発電技術共通基盤研究 「国内外の海洋エネルギー利用事例における海域等への影響に関する調査」(H26-H27)

海洋エネルギー利用に関して、(1)環境面に係る文献調査、ならびに(2)先行的に実証研究等が実施されているプロジェクトサイトの視察と関係者へのヒアリングを通じて、海洋エネルギー利用が海域等の環境に与える影響項目、環境調査手法、および影響予測手法等の情報を収集・分析した。また、(3)我が国の特性を踏まえ、国内において海洋エネルギー利用が普及する上で必要となる環境への配慮項目や検討すべき技術的課題を抽出した。実施概要は、以下の通りである。(1)国外の文献調査による関連情報の収集・分析:海洋のエネルギー利用に関する、国外の主要な学術雑誌や関連する調査報告・記事を対象に、現在提案されている海洋エネルギー利用技術に係る環境への影響に関する情報を収集した。得られた情報について、物理環境、生物環境、および社会環境について、考慮すべき環境配慮項目を抽出するとともに、調査手法、予測手法、合意形成のためのガイドラインツールなどの有用な情報について整理した。(2)国内外の実証サイト視察と関係者へのヒアリングによる情報の収集・分析:国内外の実証サイトの視察と事業関係者へのヒアリングを通じて、環境への影響に対しての考え方や課題、評価項目、調査手法、予測手法に係る情報を収集した。その結果、ベースラインデータの整備やステイクホルダーとの早期対話が重要であることなどが確認された。(3)我が国における海洋エネルギー普及へ向けた検討課題の分析・抽出:文献調査およびヒアリング調査の結果、ならびに我が国特有の地理的条件、気象・海象条件、社会環境条件を踏まえ、国内において海洋エネルギー利用が普及する上で検討すべき環境への配慮項目や解決すべき課題を分析した。その結果、強流域等制約下における観測技術の確立や主要魚種等の生息実態の把握、様々な時空間スケールが混在する物理現象を再現できる数値解析技術の確立、および多様なステイクホルダーとの早期合意形成を支援する情報共有ツールの整備などが、今後優先的に検討すべき課題として抽出された。
英文要約Title : Research and Development of Ocean Energy Technology Common Base Study on Ocean Energy Power-Generating Technology Survey on Environmental Effect on Oceans in the Domestic and International Ocean Energy Utilization Cases (FY2014-FY2015) Final Report

Regarding to ocean energy utilization, information collection and analysis of influence factors, observational research methods, and prospective evaluation methods on ocean environment were conducted by ways of (1) bibliographic survey and (2) visitation of domestic and international experimental sites and interview survey to related parties. In addition, (3) environmental points and technical issues to be considered in the process that ocean energy utilization becomes widespread domestically were extracted. Principal contents of implementation are as described below. (1) Information collection and analysis by way of international bibliographic survey: the synoptic survey of existing reports, academic papers, and reviews relating to environmental effect of currently proposed ocean energy utilization on ocean environments was conducted. Extraction of environmental consideration points and collection of useful information on observational research methods, prospective evaluation methods, and guideline tools for consensus building were conducted in terms of physical environment, biological environment, and social environment. (2) Information collection and analysis by way of visitation of domestic and international experimental sites and interview survey to related parties: information on attitude about environmental effects, evaluation issues, observational methods, and prospective methods were collected through visitation of experimental sites and hearing to concerned parties both inside and outside Japan. As a result, it pointed out that collection of base-line data and early discussions with related stakeholders are primarily important. (3) Analysis and extraction of challenging issues for domestic growth of ocean energy utilization: considering with results of bibliographic and hearing surveys, and Japanese particular conditions on geography, meteorology, oceanography, and society, environmental points and technical issues to be considered were analyzed and extracted in the process that ocean energy utilization becomes domestically widespread. As a result, preferential technical issues to be considered hereafter are summarized as follows: establishment of observational method under severe oceanic conditions with strong current and waves, substantial investigation on habitat environment of primary fishes, establishment of numerical method to simulate physical phenomena on various temporal and spatial scales, and information sharing tools to support early consensus building with a multiple of stakeholders.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る