成果報告書詳細
管理番号20160000000077
タイトル平成26年度成果報告書 未来医療を実現する先端医療機器・システムの研究開発 安全性と医療効率の向上を両立するスマート治療室の開発(8)
公開日2016/3/5
報告書年度2014 - 2014
委託先名株式会社日立メディコ
プロジェクト番号P14008
部署名ロボット・機械システム部
和文要約件名:平成26年度成果報告書 未来医療を実現する先端医療機器・システムの研究開発 安全性と医療効率の向上を両立するスマート治療室の開発 スマートサイバーオペレーティングシアター(SCOT)の構築(SCOTのインテグレーションと評価およびSCOTのディストリビューション)

 スマートサイバーオペレーティングシアター(SCOT)のインテグレーションとその評価のために、広島大学と信州大学への導入支援を行った。広島大学では、合計4回のWGを実施し、信州大学では、打ち合わせを4回実施し、いずれもシステムの詳細説明から入って、サイトプランニングまで行った。また、海外への導入促進のために、今後の有望な導入先となりそうな米国UCSF、ロシアFederal Neurosurgical Centerへ説明を行った。まず、ここで術中MRIの導入を進め、SCOT導入につなげていきたい。
 また、主に販売の観点で必要となりそうな機能の洗い出しを行った。主にサポートサービスを充実させる際に必要な機能として、主に三点、サポートセンターでの統合情報表示装置への接続、また、現地(治療室)で、使用者が初期対応可能な情報の表示、そして、各装置の電源状態の監視(さらに照明・自動ドア電源監視を含む)を抽出した。特に、サポートサービスの観点では、医師が治療を行う時の機器類のトラブルを軽減する方向にもっていき、結果として治療成績があがるようにするには、機能の作りこみやサポート体制の整備についてさらに検証しフィードバックをかけていく必要がある。
 市場調査として、今回、SCOTの中心的なアプリケーションとなるグリオーマの腫瘍摘出手術について手術数が多い医療施設等を調査した。今回主に新興国中心に、脳腫瘍年間罹患数、政情などのカントリリスク、事業のし易さといった観点で一定の基準を満たした国として、東南アジアからインドネシア、ベトナム、フィリピン、タイ、シンガポール、台湾を選択し、中東からエジプト、トルコ、サウジアラビアを選択し、東欧からはロシア、ポーランドを選択し、さらに、インド、中国、ブラジルを選択して対象国とした。術中MRIについては、やはり、導入には高価であるため導入できないとする病院が多い一方で、個別に国ごとに見ていくと各々について特徴があり、インドネシア、ベトナム、タイ、エジプト、トルコ、ポーランド、中国といった国々に導入がひろがりそうである。
英文要約Title: Research and Development of Advanced Medical Equipment and Systems to Realize the Future Medical Care, Development of Smart Cyber Operating Theater (SCOT) to Improve and Satisfy both of Safety and Efficiency in Treatment, Construction of SCOT (Integration, Validation and Distribution of SCOT) (FY2014) Final Report

This report includes the system integration assist in the Hiroshima University and the Shinshuu University for Integration and Validation of SCOT. In Hiroshima University we had the four Working Group Meetings, similarly in the Shinshu University did the same way, and in both sites we entered to system explanation in details to related people and completed sight planning. Also in order to extend to abroad, we approached to University of California, San Francisco (UCSF) of US and the Federal Neurosurgical Center of Russia. We try to install intraoperative MRI to each site and then enhance to SCOT.
Also, this report says needed features are clarified from a point of sales and then finalized three points as prerequisite features for support service; integrated displays, equipment for doctors to ease troubleshooting, and monitors power units include monitoring of lights and auto doors). We believe these features will be useful to decrease trouble issues, and as a result improve cures, but to continue to improve, we should install and support services and feedback.
At last, this report includes market research of hospitals and doctors executing many glioma tumorectomy, which is one of important applications for SCOT. In this time the countries were chosen mainly from developing countries based on the number of glioma patients, political county risks and ease of business enterprise. The chosen countries are Indonesia, Vietnam, Philippine, Thailand, Singapore and Taiwan from SE Asia, and Egypt, Turkey and Saudi Arabia from ME, and Russia and Poland from Eastern Europe, and India, China, and Brazil. There are many hospitals that they cannot install Intraoperative MRI due to expensive price, but also looking into each country Indonesia, Vietnam, Thailand, Egypt, Turkey, Poland and China are expected to install iMRI in near future.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る