成果報告書詳細
管理番号20160000000091
タイトル平成24年度成果報告書 スロヴェニア共和国におけるスマートコミュニティ技術実証可能性に関する基礎調査
公開日2016/3/9
報告書年度2012 - 2012
委託先名株式会社日立総合計画研究所
プロジェクト番号P09018
部署名国際部
和文要約スロヴェニア共和国(以下、スロヴェニア)はイタリア、クロアチア、ハンガリー、オーストリアと国境を接し、南西でアドリア海と面する小国である。交通結節点の役割をもち、医薬、自動車部品産業のほか、物流事業が積極的に行われている。一方で社会インフラに関しては、多くの課題に直面しているが、高速道路の整備などのインフラ整備を進めることで課題の解決に取り組んでいる。欧州経済危機の影響で、2009年以降インフラ投資は抑制されたものの、中央・地方政府や主要企業などは技術革新・導入に積極的に取り組んでおり、社会インフラの課題解決と主要産業の育成という課題を同時に実現する可能性を有する日本のスマートコミュニティ技術に対する期待を持っている。また、更なる成長のため、外国企業の誘致や自国企業の外国進出により新しいビジネスモデルを策定しようとしている。
本調査では、現状のスロヴェニアの課題の発見と解決に繋がるスマートコミュニティ技術の選定を行うための情報を集約すると共に、将来的な第3国展開を見据えた共同プロジェクト具現化へ向け実施計画案を策定することを目的として実施した。調査の手法としては、現地の生の声を直接聞き、現場のファクトに基づいた実効性のある実証計画を立案すべく、中央官公庁17機関、企業32社、地方自治体23機関の合計72組織の現地ヒアリングを行った。
主要な地方自治体の社会インフラ整備の現状と課題を踏まえ、スマートコミュニティ技術の実証候補自治体としての評価を実施した。評価の観点としては、将来の事業展開を前提として、事業性を確保する観点から、人口と平均所得の大きさを重視するとともに、それぞれの地方自治体が持つ特徴を踏まえて総合的な評価をおこなった。評価の結果、候補自治体として、Ljubljana、 Maribor、 Kranj、 Novo mesto、 Koperの5つを選定した。
選定した候補自治体に関して、スマートコミュニティ技術導入の適合性評価を実施した。評価の基準は、社会的要因、技術要因、経済要因、政策要因の4つ分野にわたって設定した。具体的には、社会的要因として現地課題の解決ポテンシャルや社会的な受容性、技術要因として、関連技術の導入の兆候の有無や日射量やインフラ状況などの地域特性への適合性、経済要因として、地域毎での関連スロヴェニア企業の有無、政策要因として、中央政府、地方政府の戦略・方針への適合性や関連政策の整備状況について評価を実施した。評価の結果、LjubljanaやMariborでは、電力供給力の増強および利用の効率化が求められていることなどから、エネルギー分野(スマートグリッド、各種エネルギーマネジメントシステムなど)の技術が適合すると想定した。Koperでは、Koper港の港湾事業におけるIT化や自動化といった技術導入に関心が高いことを踏まえ、物流分野(IT化の強化、港湾事業の自動化など)の技術が適合すると評価した。Novo mestoは自動車など産業の集積地であることから、工場の省エネ化などのニーズがあると想定、エネルギー分野(FEMSなど)の技術が適合すると評価した。
以上のような技術の適合性評価だけでなく、スロヴェニアで実施および計画されている多数のスマートコミュニティ関連プロジェクト(国レベルのスマートグリッド整備、EU Fundを活用した水及び廃棄物処理への大型投資など)との連携も踏まえ、各候補都市における実証事業の実施計画を策定した。
英文要約The Republic of Slovenia is a country which faces the Adriatic Sea and shares its border with Italy, Croatia, Hungary and Austria. To take this geographical advantage, Slovenia has been developing international logistics industry. It has been also developing other industries such as medicine and automotive sectors which target not only the domestic market but also the international market. On the other hand, Slovenia has been investing in its social infrastructure e.g. highway networks to address issues that Slovenia has. The investment has been reduced since 2009 due to economic crisis in Europe, and Slovenia has been seeking for a new business model which can attract foreign companies to invest in Slovenia and also urge Slovenian companies to go overseas.
The objective of this fundamental survey is to identify issues of social infrastructure which Slovenia currently faces, and clarify if Japanese technologies for smart community can serve to address the issues. It includes not only information collection and analysis of the social infrastructure, but also planning of feasibility study and demonstration as a collaborative project at country-level with Slovenian stakeholders, which can be an export business model to the third-countries in the future. We conduct interviews to stakeholders in each field of social infrastructure to find facts in their real voice. To this end, we conducted interviews with 17 central government agencies, 32 local companies, and 23 municipalities, i.e. 72 organizations in total.
We select candidate municipalities which have their own local issues and are appropriate to perform demonstration of Japanese technologies for smart communities. Our approach also stresses population and average income of each municipality to secure business viability in the future. We selected Ljubljana, Maribor, Kranj, Novo mesto, and Koper as candidates for possible feasibility study with Slovenian stakeholders.
We evaluate the applicability of Japanese feasible technologies in local issues of each candidate municipality. Evaluation criteria are social factors, technological factors, economic factors and political factors. Our evaluation of applicability of Smart Community technologies for each candidate shows that energy related technologies can be applicable to Ljubljana and Maribor, because of the needs to strengthen capacity of electricity supply and improve energy efficiency. Logistics related technologies can be applicable to Koper, because of its high needs for these technologies. Energy efficiency technologies can be applicable to Novo mesto, because it has industrial parks of automotive sector and so forth.
In addition to these evaluations, we develop demonstration plans for candidate municipalities, by analyzing potential to collaborate with the existing and planned Smart Community projects (e.g. nation-wide smart grid introduction, large investment in water treatment and waste disposal plants by capitalizing on EU funds).
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る