成果報告書詳細
管理番号20160000000103
タイトル平成26ー27年度成果報告書 ナノ炭素材料応用製品の最新動向と将来の市場予測に関する検討
公開日2016/3/30
報告書年度2014 - 2015
委託先名沖コンサルティングソリューションズ株式会社
プロジェクト番号P10024
部署名電子・材料・ナノテクノロジー部
和文要約カーボンナノチューブ、グラフェン、フラーレン等のナノ炭素材料は、その発見、または、その後の研究の進展に日本の研究者が大きく貢献している。これらナノ炭素材料は、軽量で高強度であることから構造部材への応用、および電気や熱の伝導率が高いことから各種材料への応用で、省エネルギー効果を高めることも期待できる。本報告書は、低炭素社会を実現するナノ炭素材料実用化プロジェクトの一環として、2030年までの将来の市場動向をロードマップの形にまとめた。対象分野は、二次電池、透明導電膜、安全性とした。
英文要約The discovery and the development of nano-carbon materials such as carbon nanotubes, graphene, and fullerene, were greatly contributed by Japanese researchers. These nano-carbon materials can be expected as the innovative applications in the future; e.g., structural materials with very lightweight and high strength and composite materials with high electrical and thermal conductivities. These applications are also expected much contribution to the energy savings. As part of the project of nano-carbon materials application, this report summarised the trends of application products into the roadmap up to the year 2030. Areas of focus are Batteries , Transparent conductive films, and Safety.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る