成果報告書詳細
管理番号20150000000508
タイトル平成26年度成果報告書 「国際エネルギー消費効率化等技術・システム実証事業 実証要件適合性等調査 カザフスタン共和国における省エネIT農業システムに関する調査」
公開日2016/4/15
報告書年度2014 - 2014
委託先名一般社団法人北海道総合研究調査会
プロジェクト番号P93050
部署名国際部
和文要約本調査では、カザフスタン共和国(以下カザフ)における省エネIT農業システムとして、(1)衛星利活用による農業の省エネ化、(2)寒冷地のためのバイオガス、(3)炭素地下貯留の3つのテーマにて各種調査及び事業化に向けた検討、カザフ側関係機関との調整等を行った。

(1)衛星利活用による農業の省エネ化
 衛星画像解析による追肥効果の検証のため、現地の研究機関と協力して小規模試験を実施した。この結果、施肥量の低減およびトラクタ走行の効率化による省エネ効果が確認された。
(2)バイオガス
 現地での強いニーズが確認されるとともに、環境への配慮などの面から実証試験の候補地が選定された。
(3)炭素地下貯留
 現地でのニーズを確認したところ、カザフスタンで課題となっている砂漠可能防止に資する技術との評価をいただき、実証試験の候補地及び共同研究実施に向けた連携先が確保された。

 本事業では、現地から入手した各種の諸元等に基づき、上記の3つの技術に係るビジネスプランを作成した。
 また、カザフ側の農業研究所のとりまとめ組織の会長に対する訪日研修を実施し、日本側のシーズについて理解いただくとともに、日本側の関係機関等の関係を構築した。
英文要約This study's theme are below.

(1)IT system for energy reduction agriculture.
(2)Biogas system for cold regions.
(3)Carbon underground storage.

We researched information about these theme, and considered business plan,and negotiated with the side of kazakhstan.

(1)IT system for energy reduction agriculture.
To confirm the effects of satellite image analysis for energy reduction agriculture, survey team had small field test.
In this result, reduction of fertilizer and efficiency of tractor route were confirmed.

(2)Biogas system for cold regions.
Strong needs were confirmed in this region, and candidate site for verification test were confirmed.

(3)Carbon underground storage.
According to kazakhstan side, this technology is suitable for prevention of desertification of the agricultural land.
Therefore, survey team confirmed candidate site for verification test,and ensured some organization for joint research.

In this study, survey team considered business plan for these three theme using collected information.
And to deepen kazakh side's recognition, survey team made a seminar about japanese technology of energy reduction agriculture in japan. Through this seminar, Japanese side and Kazakhstan side could understand about the needs of each other.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る