成果報告書詳細
管理番号20150000000587
タイトル平成25年度成果報告書 国際エネルギー消費効率化等技術・システム実証事業
基礎事業 再生可能エネルギー技術専門家に関する研修事業
公開日2016/4/19
報告書年度2013 - 2013
委託先名公益財団法人太平洋人材交流センター
プロジェクト番号P93050
部署名新エネルギー部
和文要約本研修事業は、独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が国際再生可能エネルギー機関(IRENA)と共同で計画したものである。今後再生可能エネルギー市場の創出が期待される新興国を対象として、NEDOの再生可能エネルギー分野の実証事業に成果普及に資することを目的としている。実施にあたり、公益財団法人太平洋人材交流センター(PREX)が再生可能エネルギー技術専門家に関する研修事業をNEDOから受託した。

本研修事業では、新興国において比較的早期の市場創出が見込まれる太陽光発電を対象とし、NEDOおよびIRENAがそれぞれ世界の新興国から合計で38名の研修生を選定した。また、研修は、プロジェクト企画コースおよび設計・施工・保守コースの2つのコースで構成された。IRENAのあるアブダビにおいて、プレ研修として2日間実施し、その後日本で2週間の研修を連続して実施した。プレ研修は2013年9月27日(水)、28日(木)の日程で、IRENAプロジェクトの紹介、再生可能エネルギーの社会的価値に関する講義や研修生による出身国の再生可能エネルギーに関する取組みの紹介、ラウンドテーブルによるディスカッションなどを行うとともに、マスダール太陽光発電所の見学等を行った。

プレ研修終了後、日本へ移動し9月30日(日)から10月11日(金)の日程で、講義、発表、視察、演習、成果報告等幅広い研修を実施した。研修では、日本のPV製造メーカー、電力会社、施工業者等から、太陽光発電に関する企画、設計、施工、保守等に関する各種講義を受けた。また、可能な限り施設・工場見学と演習・実習を取り入れたカリキュラムとした。

研修の最初には、本研修の関連企業関係者の参加のもと、研修生の代表数名が各国の現状報告を、研修の最後には、研修生全員が成果報告を行った。また別途、意見交換の場を設定し、研修生と企業関係者との交流の促進が図られた。

研修終了時の研修生からのアンケートによれば、概ね研修内容に満足している。帰国後本研修事業の成果を活用し、それぞれの母国において太陽光発電の普及拡大に向けた活動を行うことが期待できる。
英文要約This training program was planned by New Energy and Industrial Technology Development Organization (NEDO) jointly with International Renewable Energy Agency (IRENA). The target group was newly emerging countries where the creation of renewable energy markets is expected in the future and the objective was that training results will contribute to the verification business of renewable energy field of NEDO. The implementation of the training for technical specialists of renewable energy was entrusted to Pacific Resource Exchange Center (PREX) by NEDO.

This training program targeted the photovoltaic power generation which was expected to create markets in newly emerging countries at relatively early stage and NEDO as well as IRENA respectively selected 38 trainees from newly emerging countries in the world. The training was composed of two courses, namely Project Planning Course and EPC, O&M Course. The preliminary training was implemented for two days in Abu Dhabi where IRENA was located then the two-week training was held in Japan immediately afterward. In the preliminary training on 27th and 28th of September, 2013, IRENA projects were introduced and lectures and discussions regarding social values of renewable energy were held and visited to PV power plant in Masdar, etc.

After the preliminary training, the venue was moved to Japan; there a variety of training programs was implemented, such as lectures, presentations, observations, exercises and reporting of training results, etc., from 29th of September to 11th of October. PV manufacturers, electric work companies, PV installers in Japan provided lectures on planning, design, construction and maintenance of PV power generation. And observations of factories and facilities, exercises and practices were taken into the curriculum if at all possible.

Some representatives of trainees made presentations about current status of their countries in the beginning and in the end all the trainees made presentations on training results with the attendance of representatives from companies involved in the training. The opportunity to exchange opinions between trainees and companies was prepared in order to enhance friendship.

According to the questionnaires at the end of the training, trainees are generally satisfied with the training contents. It is expected that they will take actions to enhance dissemination of PV power generation in their respective countries by utilizing the result of the training program.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る