成果報告書詳細
管理番号20150000000767
タイトル平成26年度成果報告書 太陽光発電リサイクル技術開発プロジェクト 低コスト撤去・回収・分別技術調査 使用済み太陽光発電システムのリサイクル処理を安定的に実施するための課題調査(H26) 
公開日2016/4/19
報告書年度2014 - 2014
委託先名イー・アンド・イーソリューションズ株式会社 DOWAエコシステム株式会社 一般財団法人秋田県資源技術開発機構
プロジェクト番号P14020
部署名新エネルギー部
和文要約本調査では、将来の低コストリサイクル処理技術の確立を目指し、太陽光パネルの廃棄物の発生について、総合的な情報をつかむことで、解体撤去・回収関連技術などについて課題と対策を検討し、今後の太陽光発電システムのリサイクルシステムの構築の促進に資することを目的としている。
1.撤去に関する調査: 撤去の現状は一部破損品、不良品が発生し、個別・小規模での対応がなされており、撤去作業についての知見の集積はなされていない。撤去に関する欧州調査において、撤去作業については、太陽光発電事業者の責任範囲で行われ、現場撤去・回収以降はPV CYCLEとの調整で実施されていることが確認された。撤去に関する課題について、設備の長期間利用による経年劣化による作業阻害、あるいは架台、基礎等の多様な組合せによる効率的作業の阻害が想定される。課題解決策として、撤去事例にかかる事例の集積と検証、解体撤去に関する作業手順の作成と撤去技術講習などの実施が考えられる。また、易解体設計の検討、導入も有効と考えられる。産業用太陽光発電施設について、一般的に発電事業者においてシステム費用の5%程度が解体撤去などの費用として、事業計画で検討されており、この値が参考値となると想定した。今回の試算結果と5%相当の撤去コストを比較したところ、同等程度であることが確認できた。
2.回収に関する調査: 回収に関する現状把握のため破損パネル等を実際に回収して、必要な資機材の検討や回収コストを算出した。実施期間において、廃PVパネルを2,946枚、60,822kg回収している。欧州調査結果として、現状、PV CYCLEでは、施工業者などと協力して半径50km程度に一カ所程度のコレクションポイントを設定して、解体後の廃棄パネルを排出者と調整して回収していることが分かった。回収の課題として、運搬時の積載効率及びロットの確保が効率化の観点から重要と思われる。また。回収時のパネルの破損防止などの安全確保の配慮も必要となる。回収の課題解決策としては、効率向上の観点からは、コレクションポイントの適正配置のほか、積載効率を高める方法が考えられた。破損防止の観点からは、積載したパネルの隙間を埋めるようにパネルを配置、あるいは隙間に緩衝材を詰め込むことが有効であると考えられた。回収コストの試算を行い、コストとして5円/Wを下回る可能性を確認できた。ただし、これは効果的なコレクションポイントの設置と積載効率の上限を条件としたものである。
3.分別に関する調査: 分別の現状に関して、リサイクル処理はパネル全体を破砕することが多く、パネルが破損していても大きな問題はないため、リサイクルの効率を上げるなどを目的とした分別は想定する必要がないと考えられた。分別の課題として、リユースを想定した場合の分別による追加コストの発生が見込まれる。また、分別の効果的な設定、配置がトータルシステムの中での効率化として重要であることが想定された。課題の解決策として、リサイクルの前段階の分別の他、撤去時、あるいは回収時の分別を行うことにより、全体における効率化を図ることが期待できる。例えば、大量に発生する場合には、現場撤去時にパネルのアルミ枠を取外す、回収時にはパネルの種類ごとに分別保管を行うことより、効率的な運搬に寄与することが考えられる。リユースの判別を目的としたパネルの分別試験によるコスト検討では追加的な費用の発生は大きくないことが見込まれたが、リユースの際にはその前段の検査等が必要で、効率的な検査実施が重要となる。
英文要約Title: Technology Development Project for Photovoltaic Power System Recycling, Survey on Low-Cost Technologies of Dismantlement, Collection and Segregation, Research on Stable Implementation of Discarded Photovoltaic (PV) System Recycling (FY2014) Final Report

This survey aims to promote establishment of low-cost recycling technology of photovoltaic power (PV) systems and future PV recycling system, by identifying overall information of discarded PV generation and examining issues and measures for related technologies of dismantlement and collection, etc.
1. Survey on Dismantlement: Knowledge on dismantlement work has not been accumulated, since damaged PV and defective PV generated partially have been treated individually. In EU, it is found that dismantlement work has been implemented under the responsibility of PV power producer and collection after dismantlement has been implemented with PV CYCLE. Obstruction due to long-term use and aged deterioration, and a huge variety of combination of support structure and foundation is identified as an issue related to dismantlement work. As a solution, accumulation and verification of dismantlement cases and preparation of operation procedure, etc. are identified. Generally, solar power producer employs 5 % of total system cost as future dismantlement cost. Comparing this dismantlement cost with the results of provisional calculation under this survey, it is found that these two costs are equivalent level.
2. Survey on Collection: Survey on necessary equipment and collection cost was implemented by collecting damaged panels actually. Under this survey, PV panels (2,946 sets and 60,822kg) were collected. In EU, PV CYCLE has collected discarded PV panels by allocation of one collection point within a 50 km radius through collaboration with contractors. As an issue, securement of loading efficiency and transport lot is identified. It is also required to secure safety. As a solution, appropriate allocation of collection points and enhancement of loading efficiency are identified in terms of efficiency improvement. From a view point of damage prevention, loading PV panels to fill a space of a truck and packing cushioning in a space are assumed to be effective. It is confirmed that the results of provisional calculation is below the target value (JPY5/W). However, this provisional calculation is conducted under the most effective condition of collection points and loading efficiency.
3. Survey on Segregation: Segregation to enhance recycling efficiency is found not to be necessary, since whole panels are crushed during recycling process in many cases. As an issue, additional cost required for reuse purpose is identified. It is also required to set effective segregation in total recycling system. As a solution, overall efficiency is expected by segregating PV system during dismantlement and collection, other than before recycle. Effective transportation can be accomplished by segregating aluminum frame on-site and storing each type of PV panels. As a result of segregation test for reuse purpose, additional cost for segregation is expected to be not high, however, effective test for reuse is necessary in advance.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る